「et‐アンド‐」が目指す2023年武道館への道 元SKE野島樺乃「成長していきたい」

「et‐アンド‐」が目指す2023年武道館への道 元SKE野島樺乃「成長していきたい」

  • 東スポWeb
  • 更新日:2021/11/25
No image

左からモラレスきあら、野島樺乃、栗本優音、山崎カノン(東スポWeb)

4人組女性ボーカルグループ「et‐アンド‐」が24日に初のミニアルバム「toi et moi(トワ・エ・モア)」をリリース。SKE48を今年6月に卒業した野島樺乃(20)をリーダーに据え、モラレスきあら(20)、山崎カノン(21)、栗本優音(16)の4人が奏でる変幻自在な楽曲は早くも注目を集める。〝名刺代わり〟のアルバムで、目標とする日本武道館へ踏み出す――。

――7月に配信シングル「#tokyo」(アルバムにも収録)でデビュー。これまで配信で3作品をリリースしたが、今回初めて「CD」という形で並ぶ

モラレス 店頭に私たちが写ったジャケットが並ぶので、やっとデビューしたんだなと実感できます。配信でデビューはしてますけど、また違った感覚ですね。

野島 私はSKE48としてCDを出させていただいていますけど、7期生で途中からの加入だった。デビューから作りあげていくのは初めてなので、ワクワクしてます。

山崎 このアルバムを通して、より多くの方に「et‐アンド‐」を知っていただけたら。

タイトル「toi et moi」にはどのような思いを

野島 フランス語で「あなたと私」。音楽を通して、私たちとファンの方々がつながり合う意味を込めています。きあらはラップ、優香はハイトーンボイス、カノンはウィスパーボイスとみんな初めて挑戦したものがある。さまざまな曲調があって私たちのいろんな一面を見られる。「私たちの名刺です」と出せるような1枚ですね。

――4曲目の「Matryoshka」は、独特の世界観

栗本 振り付けはロシア民謡を意識して、私たち4人で創作したんです。みんなで笑いながら作りました(笑い)。独特な曲調に合わせて考えたので「本当にこれでいいのか!?」という振り付けなので、ぜひライブで見てほしいです!

1曲目の「Newton」はサビから始まる。「第1回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」で優勝した野島さんの歌声を堪能できる

野島 歌唱力が試される曲ですし、ワンマンライブでも1曲目に披露している。私たちはボーカルグループでもあるので、聴いてくださる方の心をグッとつかめるように、レコーディングに挑みました。でも、「et‐アンド‐」として4人でいるからこそ表現の幅が広がって、自分の声に自信を持てる。メンバーみんなに感謝です。

――デビューして4か月たった

栗本 コロナ禍ですが、1か月に1回楽曲を配信できてライブも1か月に1回ペースでできてる。活発に活動ができていることは本当にありがたいです。

山崎 初めてのワンマンライブのときは1か月ほぼ毎日みんなで会って練習してました。でも、楽しくて常に笑ってるんです。忙しかったけど、楽しみながら過ごしてました。

――初アルバム発売でさらに勢いづく

野島 ここからが自分たちの力や発信力が試されると思うので、勢いを落とさずに右肩上がりでいけたら。

モラレス これからいろんな音楽番組にも出ていきたい!

大きな目標は日本武道館のステージだと

4人 はい!

野島 私たちは2年後の23年に武道館に立つことが一つの目標。あとは、いまはネットで音楽も聴けますけど、CDショップまで足を運んでいただいて、歌詞カードなどを見ながら、私たちの音楽を聴いていただけたらうれしい。きっとリラックスして音楽に触れていただけると思います。私たちもそんなグループでありたいと思います。いろんな音楽を通して、もっともっと成長していきたいと思います。

☆のじま・かの 2001年9月6日生まれ、愛知県出身。15年にSKE48の7期生として加入。19年「第1回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」で優勝。今年6月にグループ卒業し、7月にet‐アンド‐のリーダーとしてデビュー。

☆もられす・きあら 2001年10月5日生まれ、香川県出身。小学生からモデルとして活躍。19年Abema「今日、好きになりました。」香港篇に出演。

☆やまざき・かのん 2000年9月19日生まれ、北海道出身。ダンス&ボーカルユニットや雑誌「RANZUKI」専属モデルとして活動。

☆くりもと・ゆい 2005年3月29日生まれ、東京都出身。小学生のころから数々のミュージカルに出演。総合エンタメコンテスト「キラチャレ2019」で歌部門グランプリを獲得。

東スポWeb

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加