「銀河鉄道999 THE MUSICAL」衛星劇場でテレビ初放送、中川晃教のコメントも

「銀河鉄道999 THE MUSICAL」衛星劇場でテレビ初放送、中川晃教のコメントも

  • ステージナタリー
  • 更新日:2022/06/23

「銀河鉄道999 THE MUSICAL」が、7月16日に衛星劇場でテレビ初放送される。

No image

「銀河鉄道999 THE MUSICAL」より。(撮影:源賀津己)

すべての画像を見る(全11件)

No image
No image
No image

4月に上演された「銀河鉄道999 THE MUSICAL」は松本零士のSFマンガ「銀河鉄道999」を原作に、高橋亜子が脚本・作詞、小山ゆうなが演出、ミッキー吉野(ゴダイゴ)が音楽監督を担ったミュージカル。本公演では、過去に上演された「舞台『銀河鉄道999』~GALAXY OPERA~」「舞台『銀河鉄道999』さよならメーテル~僕の永遠」に続き、中川晃教が星野鉄郎役を務めたほか、メーテル役で花總まり、機械伯爵役で佐藤流司、クレア役で梅田彩佳、車掌役で徳永ゆうきが出演した。

「銀河鉄道999 THE MUSICAL」の放送は7月16日19:30から。なお衛星劇場では、3日に「舞台『銀河鉄道999』~GALAXY OPERA~」、10日に「舞台『銀河鉄道999』さよならメーテル~僕の永遠」が放送される。中川のコメントは以下の通り。

中川晃教コメント

No image

名作「銀河鉄道999」が劇場版として公開されたのが1979年。

53年もの間、愛され続けているこの不朽の名作が遂にミュージカル化となって皆様にお届けできることがとても嬉しいです

メーテルと出会った星野鉄郎は永遠に死なない体を手に入れる為、アンドロメダへの出発を決断する「マイ・ディグニティー」

一つ一つの星々を巡りながらそこで出会った機械化人たちが、生身の私たち人間と同様に苦悩していることを知ります

機械になりたいという鉄郎の目的意識が次第に揺らぎ始めます、そして旅の終着地にたどり着いたとき鉄郎は機械の体になることを止める決意をします

そして、鉄郎と出会ったことでメーテルの運命も変わっていきます

メーテルと鉄郎の心の機微が音楽と重なったとき、ミュージカルだからこそ、主人公たちのメッセージがすっと胸に届きます

今回、3度目の鉄郎役をやらせていただきました花總まりさんがメーテル役と出会ってくださってミュージカルが誕生しました

生きるとは何かを松本零士先生の普遍の物語「銀河鉄道999」の中にある輝く宝石と共にお届けできますこと嬉しく思います。

どうぞ舞台として作られたミュージカル「銀河鉄道999」をあらためて映像として楽しみにご覧ください。

衛星劇場「銀河鉄道999 THE MUSICAL」

2022年7月16日(土)19:30~

原作:松本零士
脚本・作詞:高橋亜子
演出:小山ゆうな
音楽監督:ミッキー吉野(ゴダイゴ)
出演:中川晃教、花總まり、佐藤流司、梅田彩佳、徳永ゆうき /藤岡正明/矢沢洋子松本梨香/北翔海莉/三浦涼介ほか

衛星劇場「舞台『銀河鉄道999』~GALAXY OPERA~」

2022年7月3日(日)14:15~

衛星劇場「舞台『銀河鉄道999』さよならメーテル~僕の永遠」

2022年7月10日(日)11:15~

ステージナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加