大谷、2戦連続無安打も死球直後に二盗&三盗成功 エ軍は今季初の完封負け

大谷、2戦連続無安打も死球直後に二盗&三盗成功 エ軍は今季初の完封負け

  • ベースボールキング
  • 更新日:2021/05/03
No image

死球で出塁した1回表に二盗を決めるエンゼルス・大谷翔平

○ マリナーズ 2 - 0 エンゼルス ●
<現地時間5月2日 Tモバイル・パーク>

エンゼルスの大谷翔平選手(26)が2日(日本時間3日)、敵地でのマリナーズ戦に「2番・指名打者」で先発出場。3打数無安打で2試合連続の無安打に終わったが、死球で出塁した初回に二盗、三盗を立て続けに決めた。

初回、一死無走者の場面でマリナーズの先発左腕・シェフィールドと対戦し、カウント1-2からの93.4マイル(約150キロ)の真っ直ぐが右肘付近を直撃。防具の上から当たったが、大谷は大声を上げてうずくまった。ベンチからマドン監督やトレーナーが駆け寄り状態を確認。治療を受けることなく一塁へ歩いた。

続くトラウトの打席で2試合連続で今季5盗塁目となる二盗に成功。二死後、4番・レンドンの打席でも6盗塁目となる三盗を決めたが、二死一、三塁の好機で5番・ウォルシュが凡退し、先制のホームは踏めなかった。

先頭だった3回の第2打席は二失策で出塁したが、ここも本塁生還とはならず。一死一塁だった5回の第3打席は遊飛、二死二塁の好機だった7回の第3打席は3番手左腕・ミシェビチと対戦し二ゴロに倒れた。この日は3打数無安打、1死球2盗塁の成績。2試合連続の無安打で打率は.263となった。

エンゼルスは打線全体でも5安打に封じられ、今季初の完封負け。マリナーズ3連戦を1勝2敗で負け越し、勝率5割に逆戻りとなった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加