「送球のような打球」「不運すぎる」西武源田が招いた“珍ゲッツー”にファン同情

「送球のような打球」「不運すぎる」西武源田が招いた“珍ゲッツー”にファン同情

  • フルカウント
  • 更新日:2020/10/16
No image

西武・源田壮亮【写真:荒川祐史】

エンドランで一塁走者・金子がスタート切るも…打球は二塁ベースに一直線

■西武 – オリックス(16日・メットライフ)

西武の源田壮亮内野手が放った不運な一打にファンから同情の声が上がっている。16日、本拠地でのオリックス戦。エンドランの瞬間に放ったゴロは、二塁ベースに一直線。難なく併殺を完成させてしまい、好機を作れなかった。

場面は1回無死一塁。打席の源田に対し、オリックスの先発・山岡が4球目を投じると、一塁走者の金子がスタート。源田は低めの変化球に対応してゴロを転がすも、二塁ベースに寄っていた遊撃・安達のほぼ真正面に。金子のエンドランむなしく、二塁は悠々アウトになり、一塁に転送されて併殺打が完成した。

この痛恨の一打を「パーソル パ・リーグTV」の公式YouTubeは「【珍ゲッツー】この『誕生日がクリスマス』みたいな併殺」と題して動画で公開。ファンからは「これは不運すぎる……」「まるで送球のような打球」「この例え、絶妙に的確すぎて凄い」などの声が上がった。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加