冨安ボローニャ逆転勝ち 吉田とのCB対決制す

冨安ボローニャ逆転勝ち 吉田とのCB対決制す

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/11/23
No image

前半7分、先制ゴールを挙げたサンプドリアMFトルスビー。中央は吉田(AP)

<セリエA:サンプドリア1-2ボローニャ>◇22日◇ジェノア

ボローニャDF冨安健洋がサンプドリアDF吉田麻也とのセンターバック対決を制した。

冨安、吉田とも守備の要でフル出場した試合で、先制したのはサンプドリア。前半7分、右CKに走り込んだMFトルスビーが強烈なヘディングシュートでゴールネットを揺らした。しかしボローニャは同44分、右CKがオウンゴールを誘って同点に追いつき、後半7分には左サイドを突破したFWバロウのクロスをファーでFWオルソリーニが頭で合わせて勝ち越し点を奪い、そのまま逃げきった。

ボローニャは3勝5敗の勝ち点9で12位。サンプドリアは3勝1分け4敗の勝ち点10で10位。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加