【J1トップ3順位予想】主力流出と怪我人続出の川崎...現状有利なのは横浜か。絞られた5チームの3位争いの行方は?

【J1トップ3順位予想】主力流出と怪我人続出の川崎...現状有利なのは横浜か。絞られた5チームの3位争いの行方は?

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/09/15
No image

名古屋はACLの大邱戦でハットトリックを記録した“クバ”の今後の活躍に期待がかかる。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

No image

川崎にとっての希望は、谷口ら怪我人がリーグ終盤戦に戻ってくることだが。(C)SOCCER DIGEST

No image

ほぼ川崎と横浜の2チームに絞られた感のあるJ1の優勝争い。川崎は主力流出と怪我人が続出し…。(C)SOCCER DIGEST

28節を終えた今季のJ1リーグも、一部のチームを除いて残り10試合。現時点で優勝争いは川崎、横浜の2チームに絞られた感があり、一方でACL出場圏内の3位争いは混迷を極めている。

ここではライターの河治良幸氏に、チーム状況や今後の日程、注目選手などを踏まえたうえで、今季J1の最終的な「トップ3」の順位を予想してもらった。

――◆――◆――

【河治氏のトップ3予想順位】
優勝:横浜F・マリノス
2位:川崎フロンターレ
3位:浦和レッズ
本来は純粋にサッカーのクオリティで比較して順位を決めたいところだが、最後はコンディションや怪我人の数が大きく影響してくるのが長いシーズンの常だ。今シーズンの横浜と川崎は、スタイルこそ違えど、ベースとなる攻守の強度がかなり接近しているだけに、なおさら終盤戦でのピーキングが鍵になってくる。

その視点で見れば、やはり現在は横浜が有利な状況にあるだろう。東京五輪による中断前の時点では、まだ川崎が有利と見ていたが、夏の移籍だけでなく、あまりにも怪我人が続出したことでベンチワークが難しくなっているのは、直近のリーグ戦やPK戦で敗退となったACLの蔚山現代戦でも表われている。

中断明けのリーグ戦の成績を見ると、横浜が6勝1分1敗で、24得点8失点と、攻撃的なスタイルがうまく結果につながっており、失点を喫した試合でも、それを補って有り余る得点力でカバーしてしまう。

一方の川崎はルヴァンカップ、天皇杯、ACLが挟まったことで、中断明けのリーグ戦は5試合しかなかったが、2勝2分1敗、5得点2失点と前半戦よりロースコアの試合が多い。終始、優勢に進めていたのは2-0で勝利した中断明け初戦の大分戦ぐらいだ。

コロナ禍の特別ルールとして5人交代制が採用されたことで、チームはスタメンとサブというよりも、スターターとクローザーの色合いが濃くなった。昨シーズンの川崎はその点でライバルたちを凌駕しており、横浜は少し苦しんでいたところがあった。
今シーズンの横浜は外国人選手の合流が遅れ、さらにキャプテンの喜田拓也も出遅れたために開幕時はやりくりに苦しんだものの、そのなかで起用された選手が経験を積んで戦力化されたことが今に活きている。中断明けから指揮を執るケヴィン・マスカット監督が試合をこなしながら、戦力を把握してきているのも強みだ。

川崎も福岡で”武者修行”していた遠野大弥や、大卒ルーキーの橘田健人がベンチメンバーとしては十分な戦力に成長。しかし田中碧や三笘薫の移籍、さらに怪我が重なったことで、主力としての働きが求められ、それまでベンチ外だった選手がベンチに入るといった状況で、前半戦では完全ターンオーバーにも耐えられたチームがそうではなくなった。

ルヴァン杯、ACLに敗退したことで、終盤戦の日程は”超過密”から”過密”くらいに下がったが、ACLの遠征帰りで10月の代表ウィーク前に5連戦が待っていることも非常に厳しい。言い換えると、その期間をもし横浜に逆転されずに粘り切れば、代表ウィークを利用して立て直せるので、逃げ切りの芽が十分に出てくる。ただ、横浜はここから基本1週間に1回の試合日程になるので、かなり有利であることは間違いない。
川崎にとって希望は谷口彰悟や大島僚太、旗手怜央といった怪我人が、終盤戦に戻ってくる見込みがあること。一方の横浜は、畠中慎之輔が左ハムストリングの負傷で今季絶望と見られており、チアゴ・マルチンスの怪我もあったことで、現在は岩田智輝が4バックの中央を埋めている。さらに怪我人が出るとスクランブルになるが、特別指定を経て今年7月に正式加入した角田涼太朗にとっては、価値を示すチャンスと言えるかもしれない。

いずれにしても川崎と横浜のマッチレースであることは間違いない。最終節の直接対決で優勝が決まる展開になれば、Jリーグとしても最高に盛り上がるが、どうなるか。
ACLの出場権が懸かる3位はサガン鳥栖、名古屋グランパス、ヴィッセル神戸、浦和レッズ、鹿島アントラーズの5チームにほぼ絞られ、3位の鳥栖から勝点8差のアビスパ福岡とFC東京にも、わずかながら逆転の可能性があるかと言ったところだ。

そのなかで、筆者が3位の有力候補と見るのは名古屋と浦和だ。名古屋はここまで18試合のクリーンシート(無失点試合)を記録しており、3位以下では安定感でずば抜けている。

新外国人の”クバ”ことシュヴィルツォクが福岡戦で衝撃的なゴールを挙げて以来、なかなか得点できていなかったが、ACLの大邱戦でハットトリックを達成して、チームを4-2の勝利に導いた。また森下龍矢など、前半戦はあまり出番がなかった選手がここに来て存在感を高めているのもプラス材料だ。
浦和は、リカルド・ロドリゲス監督のポジショナルなアクション型サッカーが浸透してきたところに、酒井宏樹やアレクサンダー・ショルツら経験豊富な大型のピースが加わり、開幕時からの上積みとしてはリーグナンバーワンと言っても過言ではない。まだまだ試合毎にパフォーマンスの波があるものの、リカルド監督のベンチワークも前半戦より効果的になっており、悪いながらも勝点を拾える試合もできてきている。

純粋なチーム力を比較すると、まだ少し名古屋に分があるように思うが、名古屋はルヴァン杯、天皇杯に加えてACLで準々決勝まで勝ち上がっており、戦いぶりを見ても、うまく行けばファイナルまで勝ち進む期待もある。そうなると、過密日程のなかで2つのチームをハイレベルに回すほどの選手層はなく、浦和を3位とした。

ただし、浦和もルヴァン杯と天皇杯を残しており、うまくリーグ戦とで選手を使い分け、コンディションを維持しながら選手層のアップをしていけるかが鍵になる。

文●河治良幸

【PHOTO】名場面がずらり!厳選写真で振り返る”Jリーグ27年史”!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加