【注目馬動向】新潟牝馬S制覇のマリアエレーナは愛知杯で重賞初勝利目指す

【注目馬動向】新潟牝馬S制覇のマリアエレーナは愛知杯で重賞初勝利目指す

  • スポーツ報知
  • 更新日:2021/11/25
No image

新潟牝馬Sを制したマリアエレーナ(牝3歳、栗東・吉田直弘厩舎、父クロフネ)は、来年の牝馬限定のハンデG3・愛知杯(1月15日・中京競馬場、芝2000メートル)に向かう。

中京では2勝を挙げており、相性のいい舞台。管理する吉田調教師は「重賞初勝利を期待しています」。今週のジャパンC・G1に出走のダービー馬、ワグネリアンのめいにあたる血統馬が、2022年の飛躍を目指す。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加