【女性100人調査】女性はしたい?されたい?ドキドキサプライズデート調査

【女性100人調査】女性はしたい?されたい?ドキドキサプライズデート調査

  • ノービオ
  • 更新日:2021/11/25

「彼女との記念日、いつもと違うデートにしたいな。」「なんだか最近デートがマンネリになってきたから刺激が欲しい!」そんな方はいませんか?

【Rieが解説】デートに誘う前に「脈アリ」かチェックする方法

そこでおすすめなのが「サプライズデート」です。相手に行き先を教えずに出発したり、内緒で何か用意しておいたりと、方法はたくさんありますよね。実際に女性は、サプライズデートをどう思っているのでしょうか?

今回は、女性100人にサプライズデートについて調査してみました。

サプライズデートをされてみたい、してみたいですか?

No image

サプライズされたいし、したい:45%

どちらも嫌:30%

サプライズされたい:21%

サプライズしたい:4%

サプライズをされたい、したいという方が一番多く、45%という結果になりました。サプライズするのはNGという方も合わせると6割以上の女性が「サプライズされる」ことを喜ぶようです。

ただし、サプライズが嫌だという方も3割ほどいるため注意が必要になりそう。ここからはなぜそのように思うのか、理由を聞いてみました。

サプライズされたいし、したい理由

======================================

「喜ぶ顔が見たいから」(24歳/金融)

「喜んでくれるのを想像すると楽しいから」(26歳/福祉)

「サプライズを考えたりするのが好き」(37歳/その他)

「ドキドキするし、もっと好きになれると思うから」(24歳/保険業)

======================================

相手に喜んでほしいという人がかなり目立ちました。サプライズ好きな方はどちらかというと「する」方をイメージしがちなようです。

される場合は、ドキドキする、もっと好きになれるなど、存分に楽しむタイプのようです。

普段から友人同士でサプライズをする習慣がある場合は、するのもされるのも嬉しいと判断しても良いかもしれません。相手からもしサプライズされた場合は、しっかりと驚いて楽しむと良さそうです。

どちらも嫌な理由

======================================

「期待されるようなリアクションができない」(35歳/専業主婦)

「嫌なことだったら困る」(39歳/医療)

「恥ずかしいから」(26歳/専業主婦)

======================================

期待されるような反応ができないから、気まずい空気になるのが嫌だからという理由でサプライズが苦手な方が多い印象でした。サプライズが苦手な方は「される」方をイメージしがちなようです。

物事の好き嫌いがよく分からないなど、プランを立てるのが大変な場合は、外してしまう危険性も踏まえた上で考えるようにしましょう。

サプライズされたい理由

======================================

「サプライズされると特別感を感じるから」(22歳/サービス業)

「自分のことを考えてくれたと思うと感動する」(34歳/アルバイト)

「サプライズを受けたことがないから」(30歳/サービス業)

======================================

サプライズするのは嫌だけれど、されるのは嬉しいという方は「特別感」や「思いやり」を感じて喜ぶようです。

中には、相手が喜びそうなことを精一杯考えていれば多少計画がバレていても嬉しいという方まで。サプライズするなら、テンプレート的なものよりも相手に合わせたものの方が喜ばれそうです。

サプライズしたい理由

======================================

「喜ぶ顔が見たいから」(39歳/アルバイト)

======================================

さっきとは逆で、サプライズされるの嫌だけれど、サプライズするのはOKという方も中にはいました。サプライズされてもリアクションできない、でも喜ぶ顔は見たい、というこれまでのタイプが混ざったような方が多い印象でした。

次に、サプライズされたいと答えた方対象に理想のサプライズを聞いてみました。

理想のサプライズ

======================================

「サプライズでプレゼントを渡される。何か計画していたデートプランをサプライズで実行する」(24歳/保険業)

「ベットに年齢分の数のプレゼントを置いておく」(22歳/農業)

「思い出の場所に連れてこられる」(34歳/その他)

「行き先を秘密にされて行きたかった場所に連れて行ってもらう」(21歳/学生)

「相手の好みをきちんと把握したうえでサプライズしたい。そうでないとひとりよがり」(32歳/製造業)

======================================

プレゼントやデートプランをこっそり用意しておくのは、定番ですが喜ばれるようです。渡し方や行く先を工夫するとさらに嬉しいという声が寄せられていました。具体的な場所としては、思い出の場所の他にディズニーや夜景も人気でした。

また、相手の好みをきちんと把握しておくのが大事、という声や行きたい場所に連れて行って欲しいという声もあり、普段からどれだけ相手を観察しておくかが重要になりそうです。

終わりに

サプライズデートの醍醐味は相手を驚かせ、そして喜ばせることです。

相手の性格や好みを考えて、サプライズでもそうでなくても、素敵なデートにしてくださいね!

---------------------------------------

調査手法: インターネットリサーチ

調査対象: 20~30代の女性

調査期間: 2021年8月

協力: Freeasy

---------------------------------------

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加