ナポリが好調アタランタに4発快勝! オシムヘンが加入後初得点、イリチッチは3カ月ぶり出場

ナポリが好調アタランタに4発快勝! オシムヘンが加入後初得点、イリチッチは3カ月ぶり出場

  • サッカーキング
  • 更新日:2020/10/18
No image

ナポリとアタランタが対戦した [写真]=Getty Images

セリエA第4節が17日に行われ、ナポリとアタランタが対戦した。

開幕2連勝を飾ったナポリは前節ユヴェントス戦、チーム内に複数の新型コロナウイルスの陽性者が出たため「クラブ判断で」試合会場に現れず。リーグから0-3の没収試合と勝ち点「1」はく奪の処分が科されたクラブは、地元保健当局からの移動禁止令の存在を論拠に上訴を行っている。一方、開幕3連勝の首位アタランタは、精神面の問題から約3カ月欠場していたヨシップ・イリチッチがこの試合で今季初出場を果たした。

試合は23分にホームのナポリが先制する。右サイドをマッテオ・ポリターノの溜めから、追い越したジョバンニ・ディ・ロレンツォがゴール前にクロスを送ると、イルビング・ロサノが難しい体制ながらも押し込んだ。さらに27分、ナポリが追加点を獲得する。相手のクリアミスを回収したドリース・メルテンスが素早く縦につけると、受けたロサノはカットインから右足でゴール右下隅に運んだ。

30分、ナポリがさらにリードを広げる。右サイドからのカットインで中央に切り込んだポリターノが、エリアの外から左足でゴール右隅に突き刺す。43分に点差は4点に広がる。GKのロングフィードから競り勝ったヴィクター・オシムヘンは、エリアの外で右足を振り抜いてゴール左下隅に流し込んだ。オシムヘンにとっては、今夏の加入後初得点となった。

62分にはコーナーキックのこぼれ球に反応したメルテンスが、ダイレクトボレーで強烈な一撃を放ったが、これは相手GKマルコ・スポルティエッロの好反応に阻まれゴールならず。対するアタランタは、69分に1点を返す。中盤で強引なドリブル突破を仕掛けたクリスティアン・ロメロが相手を複数剥がして前方にスルーパスを通すと、サム・ラマーズが抜け出して相手GKとの一対一を迎える。最後は左足でゴール右下に流し込み、2試合連続の得点を記録した。

試合はこのまま終了。次節、ナポリはヨーロッパリーグのAZ戦を挟んでベネヴェントと、アタランタはチャンピオンズリーグのミッティラン戦を挟んでDF吉田麻也は所属するサンプドリアと対戦する。

【スコア】
ナポリ 4-1 アタランタ

【得点者】
1-0 23分 イルビング・ロサノ(ナポリ)
2-0 27分 イルビング・ロサノ(ナポリ)
3-0 30分 マッテオ・ポリターノ(ナポリ)
4-0 42分 ヴィクター・オシムヘン(ナポリ)
4-1 69分 サム・ラマーズ(アタランタ)

サッカーキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加