【海外競馬】種牡馬アドラーフルークが死亡 産駒に昨年凱旋門賞2着のインスウープ、JC出走のイキートスなど

【海外競馬】種牡馬アドラーフルークが死亡 産駒に昨年凱旋門賞2着のインスウープ、JC出走のイキートスなど

  • netkeiba.com
  • 更新日:2021/04/07
No image

アドラーフルーク産駒のイキートス(写真は2017年JC出走時、ユーザー提供:ひとみさん)

2007年の独ダービーなどG1・2勝のアドラーフルーク(牡17)が現地時間5日、種牡馬としてけい養されていたドイツのシュレンダーハン牧場で死亡したことがわかった。英競馬メディア『Racing Post』などが報じた。

アドラーフルーク(Adlerflug)は父In the Wings(その父Sadler's Wells)、母Aiyana、母の父ラストタイクーンという血統。

現役時代はドイツのJ.ヒルシュベルガー厩舎に所属。独ダービーのほか、2008年のドイツ賞(独G1)を制した。通算成績は11戦4勝。

産駒には2020年凱旋門賞(仏G1)2着のインスウープ、ジャパンC(GI)に出走したイキートス、イトウなどの独G1馬がいる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加