ジャンクな味とヘルシーは両立する。「2foods」は新時代のプラントベースドフード

ジャンクな味とヘルシーは両立する。「2foods」は新時代のプラントベースドフード

  • MYLOHAS
  • 更新日:2021/05/03
No image

わたしたちの心地よい暮らしに役立つもの、積極的に選びたい社会や環境に優しい商品、みんなにとって気持ちがいいアイテムやサービスを、編集部がピックアップする連載「Editor’s Pick」。

今回は、ヘルスコンシャスな人や環境保護へ関心の高い人から注目を集める、プラントベースドフードの新ブランド「2foods」を紹介します。

健康にも環境にも負荷が少ない、プラントベースドフード

プラントベースドフードはその名の通り、植物を由来とした食品。ベジタリアン、ヴィーガン、ペスカタリアンなど動物性食品を一切食べない、できるだけ食べないという食志向の人たちから広がってきた、新時代の食の潮流です。

このプラントベースドフードは、今後危惧される動物性食品の供給不足の救世主としても注目されています。動物性食品の供給が不安視される理由は、牛肉、豚肉、鶏肉などを生産する際、水や飼料、温室効果ガスの排出量がかさむためです。

例えば、1kgのトウモロコシを生産するには、灌漑用水1800ℓが必要だと言われていますが、トウモロコシを飼料にして育つ牛肉1kgを生産するには、その約2万倍もの水が必要だそうです(環境省/バーチャルウォーターについてより)。

人口100億人の世界が到来したとき、資源不足となっては、動物性食品の供給は難しいかもしれない……。そこで、動物性たんぱく質に代わる食品として、植物性食品由来のプラントベースドフードへの期待が高まっています。

おいしいとヘルシーを兼ね備えた「2foods」

No image

2foodsアークヒルズ店の店内

とはいえ、例えば「お肉の代わりに大豆を食べよう」と言われても、そう簡単には受け入れられないもの。体にいい、環境にいいと理解していても、美味しさが感じられなければ続けられないものです。

そこで、「2foods」は、ジャンクフードのような手軽さとクセになるおいしさを併せ持つ、“ヘルシージャンクフード”をコンセプトにしたプラントベースフードを展開。

2021年4月15日に「渋谷ロフト店」、「アークヒルズ店」、「ラボキッチン」(テイクアウトのみ)の実店舗と、オンラインショップをオープンさせました。オープン早々、「2foods」のバラエティ豊かなフードやスイーツは、ヴィーガンやベジタリアンのインフルエンサーたちをも唸らせているそうです。

では、2foodsのメニューの一部をご紹介しましょう。

グルテンフリーでこんなにしっとり濃厚。絶品ガトーショコラ

No image

「濃厚ヴィーガンガトーショコラ」(WEB販売2,981円、店頭販売:1カット イートイン528円、テイクアウト518円/すベて税込)。ビタミンEを多く含むアーモンドミルク、小麦粉よりもミネラル豊富な玄米粉、オーガニックシュガーで濃厚な味わいを実現。

オンラインショップで購入できる「濃厚ヴィーガンガトーショコラ」。

ミルクや生クリームの代わりにアーモンドミルクを使用したプラントベースフードであるうえに、通常、ガトーショコラに欠かせない小麦粉を使わず、特許製法の「超微粒玄米粉」で採用した、完全グルテンフリーのガトーショコラです。

このガトーショコラには、3つの食感が楽しめるという特徴も。冷凍庫から冷蔵庫に出し一晩置いた後は生チョコ風。冷蔵庫で解凍したものを常温に戻すとテリーヌ風。常温のガトーショコラを500Wで10〜20秒レンジアップするとフォンダンショコラ風に。

グルテンフリーのスイーツは数多くありますが、このガトーショコラの食感は格別です。外側はしっとりなめらかで、中がとろけるような半熟食味。こっくりとした食味ゆえ、1カットで十分な満足感と幸せが感じられます。そして、食後、胃が全く重くならない! 「このガトーショコラ、すごすぎる……」というのが率直な感想でした 。

多彩なプラントベースドドーナツから目が離せない

No image

2foodsのプラントベースドドーナツの生地は、長時間冷蔵熟成発酵させた小麦を使用。独特のふわもち食感は、一度食べたら忘れられない!

卵不使用なのに、たまごよりたまごの味わいが楽しめるという「まるでたまごなドーナツサンド」(イートイン528円、テイクアウト518円/ともに税込)は、店舗で楽しめるイチオシのメニュー。

たまごスプレットは、カボチャ由来のβカロテンや大豆由来のタンパク質を使用。たまごアレルギーがある方やコレステロール値が高めの人も、ノーリスクでたまごサンドの味わいを楽しめます。

また、卵・乳製品・白砂糖を一切使用しない「プラントベースドドーナツ」も人気です。

No image

手前が「ラズベリーピスタチオドーナツ」(イートイン418円〜、テイクアウト410円〜/ともに税込)。ラズベリーグレーズに、ピスタチオやスーパーフードのキヌアがちりばめられている。

プレーンドーナツ」(イートイン363円〜、テイクアウト356円〜/ともに税込)、「ラズベリーピスタチオドーナツ」(イートイン418円〜、テイクアウト410円〜/ともに税込)、「季節のフルーツドーナツサンド」(イートイン638円〜、テイクアウト626円〜/ともに税込)は、どれもキュートな見た目。

もっちりした多幸感のある食感は、一度食べたらとりこになるはず。血糖値が気になる方や授乳中で甘いものを控えている方も、思いっきり味わえるスイーツです。

身体と環境の未来が気になり始めたら「2foods」をはじめよう

ヴィーガンやベジタリアンはハードルが高いけど、週に一度ぐらいは動物性食品を食べない日を作ってみたい……。そう思っている方は、ぜひ、「2foods」から始めてみてはいかがでしょうか。

プラントベースドフードのイメージが、今よりももっとポジティブに変わるはず。体がすっきりして、心が満たされる感覚をぜひ、味わってください。

2foods

週1回の「ゆるベジ」で身体をすっきり

筋トレ飯、ダイエット食に使える「大豆のお肉」簡単レシピ3選

ダイエット中でも罪悪感ゼロ!おからパウダーで作るココナッツクッキー

石上直美

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加