助手席の女児、熱中症で死亡 母親は同じ車内で睡眠

助手席の女児、熱中症で死亡 母親は同じ車内で睡眠

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/07/22
No image

動画を見る(元記事へ)

母親が車内で寝てしまい、助手席にいた1歳の女の子が熱中症で死亡しました。

22日午前10時40分ごろ、千葉県八千代市の女性から「車で寝てしまって、気付いた時には子どもがぐったりしていた」と119番通報がありました。

消防などが駆け付け、子どもは病院に運ばれましたが、まもなく死亡が確認されました。死因は熱中症とみられています。

消防によりますと、母親は午前8時すぎに車で帰宅し、そのまま駐車場に止めた車の中で3時間近く寝てしまったと話しています。

また、目覚めた時、すでに女の子の意識はなく、寝ている間はエアコンはつけていたということです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加