【尤も】はなんて読む?読めたら自慢できる難読漢字

【尤も】はなんて読む?読めたら自慢できる難読漢字

  • Ray
  • 更新日:2022/05/14

「尤も」はなんて読む?

字の形だけなら「犬」に似ているようにも見えますが、見慣れない別の漢字ですね。

実は、さまざまな場面でよく使われている言葉なのです!

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

No image

果たして、正解は?

正解は、「もっとも」でした!

尤もには、大きく分けて2つの使い方があります。

1つ目は「なるほどその通り」「まったく」「当然」という意味。「尤もな意見だ」だとか、「嫌がるのも尤もだ」といった使い方をします。

2つ目は、接続詞の「ただし」と同様の使い方。「この意見にはみんな賛成だ、尤も彼を除いて」といった形で使います。

「尤」の字は常用漢字ではないため、ひらがなで「もっとも」と書かれることが一般的です。

同じ「もっとも」と読む言葉でも、一番優れている状態を表す「最も」とは意味が違いますので、注意が必要ですね。

みなさんは分かりましたか?

家族や友だちにも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

《参考文献》
・『デジタル大辞泉』(小学館)
・『精選版 日本国語大辞典』(小学館)
・『日本大百科全書』(小学館)

あわせて読みたい

💖【延う】はなんて読む?のう・えんうではありません!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加