ヤマハ発動機がコンセプトモデルの「果樹園作業支援自動走行車」を出展【第12回 農業Week】

ヤマハ発動機がコンセプトモデルの「果樹園作業支援自動走行車」を出展【第12回 農業Week】

  • clicccar.com(クリッカー)
  • 更新日:2022/09/23

■果樹園などで枝の剪定や受粉、摘果や収穫などの作業を支援

ヤマハ発動機は、2022年10月12日(水)~14日(金)に千葉県・幕張メッセで開催される「第12回 農業Week」に出展すると明らかにしました。

「農業Week」は、日本最大規模の農業・畜産の総合展で、全国の農業法人や農協、農業資材店やホームセンターなどの関係者が来場するイベントです。農業関連のメーカーや商社などが出展し、新規ネットワークの開拓、製品の訴求などを行う場になっているそうです。

No image

「果樹園作業支援自動走行車」のコンセプトモデル

同社による「農業Week」への出展は今回が初になります。「Live Together」という出展テーマを掲げ、農業現場の課題に対して、モビリティとロボティクス事業を持つ同社ならではの提案が行われる予定になっています。

ブースでは、「動く作業台」というコンセプトのもと「果樹園作業支援自動走行車」のコンセプトモデルが披露されます。

このコンセプトカーは、生研支援センター「革新的技術開発・緊急展開事業(うち人工知能未来農業創造プロジェクト)」の支援を受けて実施された研究成果に基づき、新たに開発されたそうです。

「果樹園作業支援自動走行車」は、果樹園などの樹列で枝の剪定や受粉、摘果、収穫などの作業時に、作業者の操作で自動走行、停止を行い、作業を支援する車両。

「第12回 農業Week」では、同コンセプトモデルのニーズや活用などを探り、反響を確かめるのが狙いだそう。

ほかにも、産業用無人航空機(農業用無人ヘリコプター・ドローン)の新モデルも展示され、農業市場でのブランドイメージを構築し、来場者に製品を訴求する構え。

ヤマハ発動機では、2022年2月発表の「新中期経営計画(2022~2024年)」において、新規事業と成長事業を戦略事業領域と位置づけ、将来のコア事業に育てるための経営資源を積極的に配分する経営戦略を推進。新規事業のひとつとして、「農業自動化」を掲げ、今回展示されるコンセプトモデルは、その一端を担うことが期待されています。

(塚田 勝弘)

【関連リンク】

第12回 農業Week
https://www.agriexpo-week.jp/tokyo/ja-jp.html

あわせて読みたい

「バリバリ伝説」にも登場の「ポール・リカール」で、ヤマハ・YZF-R1が100周年記念の「ボルドール24時間耐久レース」1-2フィニッシュ

ヤマハ・ワークスの中須賀克行が国内最高峰「全日本JSB1000」で11度目のチャンピオン獲得

ヤマハ発動機がヘリを使った森林計測ビジネスに挑むのは「人のため」

前向きに、毎日を元気に。ヤマハ発動機が「アナ雪」などの車いす用スポークカバー2種類を発売へ

ヤマハの市販モトクロッサー「YZ450F」の2023年モデルが、エンジンやフレームを刷新し5年ぶりフルモデルチェンジ

塚田勝弘

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加