阪神小幡が適時打「ベンチからアピールって声が」

阪神小幡が適時打「ベンチからアピールって声が」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/02/21
No image

阪神対広島 4回裏阪神2死二塁、右前へ適時打を放つ小幡(撮影・清水貴仁)

<練習試合:阪神4-3広島>◇21日◇かりゆしホテルズボールパーク宜野座

阪神小幡竜平内野手が攻撃の流れに乗ってアピールした。「9番遊撃」で先発。4回に先制しなお2死二塁、床田の141キロ直球を右前にはじき返し2点目を加えた。「ベンチからも『アピール、アピール』って声が聞こえてたんで、自分もそれに乗っかって、必死に食らいついた結果だったのかなと思います」。

守備でもゴロを軽快にさばき「攻めてのミスと守りに入ってのミスじゃ全然違うと思う。どんどん攻められるように、ミスを恐れないように頑張ります」と力を込めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加