【ONE】上久保周哉が圧巻の“裸絞め”一本!米国強豪ウォーゼンを下し6連勝

【ONE】上久保周哉が圧巻の“裸絞め”一本!米国強豪ウォーゼンを下し6連勝

  • イーファイト
  • 更新日:2022/01/14
No image

寝技で優位に攻める上久保(c)ONE

ONE Championship
『ONE: HEAVY HITTERS』
2022年1月14日(日本時間)シンガポール・インドアスタジアム

▼第1試合 総合格闘技 バンタム級
○上久保周哉 (日本)
一本 3R4分36秒 ※リアネイキッドチョーク(裸絞め)
●トロイ・ウォーゼン(米国)

No image

ウォーゼンが前蹴り(C)ONE

上久保は14年にDEEPフューチャーキングトーナメントで優勝し、国内戦績が7勝1敗1分という成長株。18年にONEと契約を結び、ONE5連勝中。前戦となる今年4月にミチェル・チャマールから一本勝ちを収めた。

【動画】 苦しむウォーゼンが思わずタップ!、上久保が裸締めで一本勝ちの瞬間

対するウォーゼンはレスリングをバックボーンとし、大学時代にはオールアメリカン王者に。15年のデビューから7連勝したが、ここ2連敗。上久保を相手に再起を狙う。

No image

立ち上がられても後ろからチョークを仕掛け離さない上久保(C)ONE

1R、開始すぐ、上久保がすぐに片足タックル。ウォーゼンを金網に押し込み、背中をつけさせようとするが、流れで逆にウォーゼンからバックを取られる。ここからバックの取り合いとなるが、再び上久保がバックをとり、立ち上がったウォーゼンの背中に登った状態で、リアネイキッドチョークを仕掛けるも、惜しくも失敗。

No image

上久保が勝利(C)ONE

2Rもバックポジションの取り合いとなるが、3R、上久保が右オーバーハンドで殴りにいくが、かわしたウォーゼンが組み付きフロントチョークに。上久保は直ぐに外すと、残り1分にバックを取り、グラウンドからパウンドを落とすと、最後はリアネイキッドチョーク!

ウォーゼンが力なくタップし、上久保が一本勝ち。上久保はこれで連勝記録を6に伸ばした。

※全試合結果はこちら

▶︎次のページは【動画】 苦しむウォーゼンが思わずタップ!、上久保が裸締めで一本勝ちの瞬間

【動画】 苦しむウォーゼン、上久保が裸締めで一本勝ちの瞬間

Shuya Kamikubo 🇯🇵 opens ONE: HEAVY HITTERS with a LAST-MINUTE submission of Troy Worthen! 🥋 @siegfried715 #WeAreONE #ONEChampionship #ONEHeavyHitters | How To Watch: https://t.co/B1Er5HwBAp pic.twitter.com/gNL28m6P2r
— ONE Championship (@ONEChampionship)
January 14, 2022
from Twitter

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加