野党が対応の遅れ批判 緊急事態宣言めぐり質疑

野党が対応の遅れ批判 緊急事態宣言めぐり質疑

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/01/13
No image

動画を見る(元記事へ)

国会では今回の緊急事態宣言が議題となっています。野党側が対応の遅れを批判したのに対し、政府側は私権の制限を伴う判断だとして理解を求めました。

立憲民主党・後藤衆院議員:「(今回)危機意識が働いて7つ(府県)に増えたように外からは見えます。全国一律の選択肢も含めて、広め広め、早め早めに対象拡大については考えて頂きたい」

西村経済再生担当大臣:「できるだけ強い措置をやった方が早く収まるが、私権の制約を伴うものです。感染拡大が急増すれば当然、臨機応変に果敢に判断しなくてはいけない」

さらに、立憲民主党の今井議員は「自治体からの要請を国が追認しているように見える」とただしました。

西村大臣は自治体からの要請は要件ではないとしたうえで、「感染状況や病床が確保されているかを確認しながら判断している」と反論しました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加