アンジェリーナ・ジョリーVSブラッド・ピット、今度は南フランスの不動産めぐりバトル

アンジェリーナ・ジョリーVSブラッド・ピット、今度は南フランスの不動産めぐりバトル

  • クランクイン!
  • 更新日:2021/09/23
No image

アンジェリーナ・ジョリーVSブラッド・ピット、今度は南フランスの古城を巡りバトル<画像を拡大する>

離婚成立後も子どもの親権を巡り、バトルを繰り広げているアンジェリーナ・ジョリーブラッド・ピット。今度は、2014年に結婚式を挙げた南フランスの不動産に関して、新たなバトルが始まったようだ。

【写真】フォトで辿るブラッド・ピット&アンジェリーナ・ジョリー愛の軌跡

Page Sixによると、現地時間の9月21日、ブラッドがルクセンブルクにて、二人が所有する南フランス・ニース近郊にあるシャトー・ミラヴァルの売却益から彼を排除しようと試みたとして、アンジェリーナと彼女のビジネスパートナーを訴えたという。

法廷に提出された文書によると、当初ブラッドが、シャトーを所有する会社Quimicumの60%を保有し、アンジェリーナの保有高は40%だったものの、後にシェア率を変更し、同等のパートナーとなっていたそう。

情報筋によると、この時、シェアを売却する際には、一方の同意を得ることで合意がなされていたというが、今回の訴訟によると、アンジェリーナはブラッドに断りなく、水面下で保有分の売却を試みたようだ。シャトー・ミラヴァルは、1億6000万ドル(約175億円)以上の価値があるという。

アンジェリーナが離婚申請を行ったのは、2016年9月。2019年はじめに離婚は成立するも、その後も17歳のパックス、16歳のザハラ、15歳のシャイロー、13歳の双子ノックスとヴィヴィアンの親権を巡り、争いが繰り広げられている。二人には、20歳になり、すでに成人したマドックスもいる。

クランクイン!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加