朝日新聞支局銃撃から34年 市民ら冥福祈る

朝日新聞支局銃撃から34年 市民ら冥福祈る

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/05/03
No image

動画を見る(元記事へ)

朝日新聞阪神支局で記者2人が襲撃された事件から3日で34年。関係者らが犠牲となった記者の冥福を祈りました。

兵庫県西宮市の朝日新聞阪神支局では、祭壇の前で関係者らが手を合わせました。

1987年5月3日、記者の小尻知博さん(当時29)が突然、支局に押し入ってきた男に散弾銃で撃たれて死亡し、同僚だった犬飼兵衛さんも重傷を負いました。

新型コロナの感染拡大を受け、遺品が展示された資料室の開放や記帳台などは設置されませんでしたが、訪れた市民らが冥福を祈りました。

訪れた人:「まだまだ記者としてこれから活躍するであっただろうに、凶弾に倒れたということに関して無念を感じる」

「言論の自由」を暴力で封じ込めようとした事件は未解決のまま時効を迎えています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加