阪神・藤浪「やれることやるだけ」4カ月ぶり1軍先発マウンド

阪神・藤浪「やれることやるだけ」4カ月ぶり1軍先発マウンド

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/08/06
No image

4カ月ぶりの1軍先発マウンドに立つ阪神先発・藤浪(撮影・甘利慈)

(セ・リーグ、広島-阪神、17回戦、6日、マツダ)マツダスタジアムの虎党から大きな拍手を受けた。阪神・藤浪晋太郎投手(28)が4月8日の広島戦(甲子園)以来、4カ月ぶりに1軍の先発マウンドに立った。

「久しぶりだからといって、特別な感情はないですね。やれることをやるだけです」

前日5日、チームは湯浅らリリーフ陣が奮闘し、3-2で競り勝った。この日は夏のロード開幕から3カード連続勝ち越しを目指した。「特別な意識を持つことなく、1人でも多く、1イニングでも長く投げられるように頑張りたい」。藤浪は自分の勝ち星よりも、チームの勝利だけを考えて投げることを誓っていた。

一回、先頭の野間のボテボテの一ゴロが内野安打となって出塁を許し、菊池涼が送りバント。続く秋山の中飛で2死三塁とされたが、マクブルームを147キロのフォークで空振り三振に仕留めて無失点で切り抜けた。

直後の二回、女房役からバットで援護を受けた。2本の安打で1死一、二塁とし、梅野が先制の中前適時打を放って、今季初勝利を目指す藤浪を後押しした。

この試合まで、藤浪は8試合に登板して0勝1敗、防御率4・29。新型コロナウイルスの陽性判定を受けた青柳に代わって2年連続となる開幕投手を務めたが、自身も感染して4月中旬に離脱。5月末に中継ぎで1軍復帰したが、6月13日に再び2軍生活となった。

待ちに待った1軍マウンドだった。7月6日の広島戦(甲子園)で先発する予定だったが降雨中止。今回は先発が有力だったルーキー左腕・桐敷が新型コロナウイルスの陽性判定を受けた影響で、ウエスタン9試合に登板して4勝1敗、防御率1・77と結果を残している右腕に〝代役先発〟の白羽の矢が立った。

ウィルカーソンが8月4日の巨人戦(東京ドーム)で自己最短の1回0/3で5失点KOとなり、出場選手登録を抹消された。「いろんな球種をバランス良く使えているので、投球の幅は広がっていると思います」。藤浪が先発ローテ復帰をかけて右腕を振った。(三木建次)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加