「落ち着き凄すぎる」 鎌田大地、カウンター攻撃からの先制弾にファン興奮「さすが」

「落ち着き凄すぎる」 鎌田大地、カウンター攻撃からの先制弾にファン興奮「さすが」

  • FOOTBALL ZONE
  • 更新日:2022/09/24
No image

先制ゴールを決めたMF鎌田大地【写真:Getty Images】

一度はオフサイド判定となるも、VARチェックの末にゴール認定

森保一監督率いる日本代表は9月23日、ドイツ・デュッセルドルフでの国際親善試合でアメリカ代表と対戦。前半25分には、MF鎌田大地(フランクフルト)が先制ゴールをマーク。一度はオフサイドと判定されたが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)チェックの結果、ゴールが認められ、ファンからも「いいカウンター攻撃」「落ち着きも凄すぎる」といった声が上がっている。

カタール・ワールドカップ(W杯)出場を決めているアメリカに、危ない場面を作られながらも無失点で乗り切った日本は、高い位置での連動したプレスが機能。いい形でボールを奪い、少ない手数でアメリカのゴールに迫る場面が目立った。

迎えた前半25分、日本は高い位置でのプレスでMF伊東純也(スタッド・ランス)が相手のパスをカット。MF守田英正(スポルティング)につなぐと、守田が冷静に左へパス。ここで待ち構えていた鎌田が右足でゴール右にシュートを流し込み、先制点を挙げた。

ゴールを挙げた直後、副審がフラッグを挙げてオフサイドをアピール。しかし、VARのチェックが入った結果、鎌田はオンサイドにいたことが確認されて、得点は認められた。

ツイッター上では、ファンから「鎌田いいね」「さすがじゃん」「いいカウンター攻撃」「鎌田一つ一つの動き凄いしゴールの落ち着きも凄すぎる」「ギリギリだし、オンオフどっちに判定されても仕方ないレベル」「久保と鎌田いるだけでゴールへの推進力がすごくある」といった声が上がっている。

試合は、日本がこの1点のリードを保ったまま、1-0で前半を折り返している。(FOOTBALL ZONE編集部)

FOOTBALL ZONE編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加