[球蹴男児U-16リーグ]優秀選手:筑陽学園DF森下凜人「課題を克服して、それをストロングポイントに」

[球蹴男児U-16リーグ]優秀選手:筑陽学園DF森下凜人「課題を克服して、それをストロングポイントに」

  • ゲキサカ
  • 更新日:2021/01/14
No image

九州地域のU-16年代において長期にわたるリーグ戦を通して、選手の育成および指導者のレベルアップを図る「2020 球蹴男児 U-16 リーグ」は全日程終了後、各チーム選出の優秀選手を発表した。D2リーグAパート1位・筑陽学園高(福岡)からはDF森下凜人(1年=照葉中出身)が選出された。

以下、森下コメント

―リーグ戦を振り返って。「個人としては、筑紫台高校戦では、全ての判断が遅く失点してしまいました。続く東海大福岡高校戦では、判断を早くすることを一番に意識してプレーをし、無失点に抑えることが出来ました。常に声を出し続け、1対1では縦にも中央へのカットインもされない様な対応が出来たと思います。

チームとしては、筑紫台高校戦での失点後、全員でいい雰囲気に切り替えることが出来ました。東海大福岡戦では、『Aチームのメンバーが数人いなくても出来る所を見せてやろう』とみんなで話し合い、試合に臨みました。その結果、良いモチベーションで試合の入り方ができ、プレー面でも全員でワンタッチプレーを意識しながら試合を進められたと思います」

―現在の課題と強み。

「課題はハイボールの処理です。ロングボールに対して、相手FWとのヘディングの競り合いで勝てないと状況が悪くなってしまうので、絶対に競り合いや球際で負けない様にすることが必要です。強みは危険察知能力です。身体があまり大きくないので、状況の予測をしながらポジションをとり、仲間のカバーに素早く入れることを意識しています」

―目標とする選手。

「マスチェラーノ選手です」

―今後の目標。

「まず課題を克服して、それをストロングポイントに変えること。いろいろな状況で使える『止める、蹴る、運ぶ』を覚えること。普段の練習から声を出し、一つ一つのプレーに意味を持たせながらクオリティーを上げること。そして、来年の選手権メンバーに入れる様に、日々の練習を無駄にせず取り組んで行きます」

(構成 吉田太郎、協力 スポーツらぼ御殿場、筑陽学園高)▼関連リンク

2020 球蹴男児U-16リーグ特集ページ

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加