左義長で1年の無病息災を願う【徳島】

左義長で1年の無病息災を願う【徳島】

  • JRTニュース
  • 更新日:2022/01/15
No image

美波町の大浜海岸で15日朝、正月飾りやお札を燃やして1年の無病息災を願う左義長が行われた。左義長は1月15日の小正月を中心に各地で行われる伝統行事で、どんと焼きとも呼ばれる。しめ縄の灰を家の四隅にまくと魔よけになるとの言い伝えもある。

徳島県美波町の大浜海岸で15日朝、正月飾りやお札を燃やして1年の無病息災を願う左義長が行われました。どんと焼きとも呼ばれる左義長は、1月15日の小正月を中心に各地で行われる伝統行事です。美波町の大浜海岸では15日朝、日和佐地区の左義長が神仏習合で行われました。日和佐八幡神社の宮司や観音寺の住職らが祈祷したあと、日の出に合わせ地元の人らが持ち寄ったしめ縄などの正月飾りやお札、お守りなどに火をつけました。海からの強い風にあおられ燃えあがると、訪れた人たちは1年の無病息災や家内安全を祈っていました。しめ縄の灰を家の四隅にまくと魔よけになるとの言い伝えもあり、灰を持ち帰る人もいました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加