日本ハム・アーリンが挙動不審に?阪神・小野寺のプロ初安打ボールの処遇で

日本ハム・アーリンが挙動不審に?阪神・小野寺のプロ初安打ボールの処遇で

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/10
No image

阪神打線を相手に投げるアーリン(撮影・田中太一)

「日本ハム-阪神」(10日、札幌ドーム)

日本ハムの新外国人・アーリンがマウンド上で挙動不審になるハプニングがあった。五回、先頭の阪神・小野寺がプロ初安打となる中前打を放った直後だ。

阪神ベンチは一斉に手を挙げて記念球を要求。しかし外野から転送されてきたボールはマウンド上のアーリンのもとへと渡った。今季から新加入した助っ人左腕は、ボールを手にするとマウンド上で周囲をキョロキョロ。日本では初安打や初本塁打などの記念ボールは所属する選手のベンチへ渡す“しきたり”があるが、理解していなかったとみられる。

その後、アーリンは三塁ベンチ前にいたボールボーイのところへ送球。すると機転を利かせたボールボーイがすぐさま、一塁ベンチへと転送。ボールを受け取った北川打撃コーチは満面の笑みを浮かべていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加