なでしこ塩越が代表デビュー戦で2ゴール 前半4-0リードで終了 ウクライナ戦

なでしこ塩越が代表デビュー戦で2ゴール 前半4-0リードで終了 ウクライナ戦

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/14
No image

前半、先制ゴールを決め、仲間の祝福を受けるなでしこジャパン・塩越柚歩(19)=エディオンスタジアム広島(撮影・高部洋祐)

「女子国際親善試合、日本-ウクライナ」(10日、エディオンスタジアム広島)

なでしこジャパン(日本)は代表初出場の塩越が2得点。攻撃の軸の1人、FW岩渕真奈が1ゴール1アシストをマークするなどし、前半を終えた。

前半5分。左サイド、エリア内で岩渕がボールを奪取。そのまま切れ込んで中央へパスを出すと、菅沢がスルー。後ろに入り込んだMF塩越が蹴り込んだ。塩越は代表初出場初ゴールとなった。

同30分には右サイドの中島からのクロスに、中央で岩渕がボレーで蹴り込んだ。

同38分には右CKをDF宝田がボレーで合わせてリードをひろげた。

同41分にはエリア内でのこぼれ球に反応した塩越がシュートを流し込み、この試合2点目を挙げた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加