ウェザーニューズ、ゲリラ豪雨や線状降水帯など突発的&局地的な気象現象を瞬時に捉える「EAGLEレーダー」実証実験開始

ウェザーニューズ、ゲリラ豪雨や線状降水帯など突発的&局地的な気象現象を瞬時に捉える「EAGLEレーダー」実証実験開始

  • トラベル Watch
  • 更新日:2021/10/14

2021年10月14日 発表

No image

ウェザニューズが高頻度観測小型気象レーダー「EAGLEレーダー」の実証実験を開始

ウェザーニューズは10月14日、独自に開発した高頻度観測小型気象レーダー「EAGLEレーダー」の実証実験をスタートしたことを発表した。

360度全方位を高速スキャンし、雨粒の大きさや雲の移動方向を立体的にほぼリアルタイムに観測できる気象レーダー。最短で5秒ごとに1回転し、半径50km以内の詳細な3次元観測データを30秒で取得できる。

同社が現在全国80か所に設置・運用している小型気象レーダー「WITHレーダー」では、全方位を3次元観測するのに5分程度かかっているが、EAGLEレーダーにより高頻度な観測を実現することで、ゲリラ砲鵜や線状降水帯、大雪、突風、あられ、ひょうなど、局地的に発生する気象現象の把握が可能となる。

実証実験では、千葉県八街市にEAGLEレーダーを設置し、2022年6月にかけて精度評価と最終調整などを実施。まずは、同社の予報センターでレーダーを監視し、観測データを数時間先の予報精度向上に活用するほか、実証実験と並行して道路の管理事業者における除雪作業の判断支援や迂回ルートの推薦など、企業向けサービスの開発も進める。

また、総務省と無線免許の新制度策定についても検討しているといい、新制度が実現すると、レーダー設置が加速するとともに、観測データの販売も可能となる。

このほか、今後2年以内に日本を含むアジア計50か所にレーダーを設置し、アジア地域における気象現象の監視体制を強化する方針。

No image
No image
No image

千葉県八街市へのレーダー設置

編集部:多和田新也

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加