元警察官に二審も死刑判決 福岡の母子3人殺害、無罪主張退ける

元警察官に二審も死刑判決 福岡の母子3人殺害、無罪主張退ける

  • 朝日新聞デジタル
  • 更新日:2021/09/15
No image

"福岡高裁=福岡市中央区六本松4丁目"

福岡県小郡市で2017年、妻と2人の子どもを殺害したとして殺人罪に問われた元福岡県警巡査部長、中田充被告(43)の控訴審で、福岡高裁(辻川靖夫裁判長)は15日、死刑を言い渡した一審・福岡地裁での裁判員裁判の判決を支持し、弁護側の控訴を棄却した。

「楽な方へ逃げた」男の人生 取り戻せぬ記憶と死刑判決

一審判決によると、中田被告は17年6月5日深夜から6日未明、自宅1階の台所付近で妻由紀子さん(当時38)を、2階寝室で長男涼介さん(同9)と長女実優さん(同6)を、首を絞めるなどして殺害した。

弁護側は一審に続き無罪を主張。医師の証言などから認定した3人の死亡推定時刻には疑いがあり、被告が自宅を出た後に第三者が殺害した可能性があると訴えた。これについて高裁は「医師の専門的知見に疑義を入れる事情は見当たらない」と指摘。第三者の侵入の形跡がなく、死亡推定時刻に家にいた被告の犯行とした一審判決は「不合理ではない」と結論づけた。

量刑については「3人を殺害した結果は誠に重大。死刑選択はやむを得ない」と述べた。

判決後、被害者の遺族は「判決については、私たちの意見と異なることはありません。しかし、由紀子、涼介、実優が殺された理由や、詳しい事実は結局分からないままとなりました。この点には到底納得がいきません」と代理人弁護士を通じてコメントした。

中田被告の弁護人は「死刑判決を出すには慎重に審理してほしかったが、裁判所にそのような姿勢を全く感じなかった。不当な判決だ」と話した。(布田一樹)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加