北の富士氏、元豪栄道の辛口解説を絶賛「いいことを言っていました」

北の富士氏、元豪栄道の辛口解説を絶賛「いいことを言っていました」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2020/09/15

大相撲秋場所3日目(15日、両国国技館)NHKでラジオ解説を務めた北の富士勝昭氏(78)=元横綱=が、元大関豪栄道の武隈親方(34)の解説をほめた。

番組では土俵に上がった関脇御嶽海(27)の話題に。同局の三瓶宏志アナウンサー(51)が、先場所に引き続き出稽古が禁止される中、出羽海部屋で唯一の関取である御嶽海が稽古不足を心配していることを紹介した。

これについて北の富士氏が「昨日、豪栄道の(テレビ中継での)解説でいいことを言っていましたよね。『(御嶽海は)いまさら稽古不足は心配ない』って。いつもしてないから」と話し、三瓶アナとともに苦笑。「(同じ一門に所属する)一番近い人が言ってるんだから間違いないよね」と感心すると、三瓶アナも「かなり辛口の解説でした」と付け加えた。

No image

北の富士勝昭氏

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加