稲村亜美が〝神スイング〟で開幕宣言 ガンダムゲームグランプリのスペシャルサポーター就任

稲村亜美が〝神スイング〟で開幕宣言 ガンダムゲームグランプリのスペシャルサポーター就任

  • 東スポWeb
  • 更新日:2021/11/25
No image

左からSANKYO取締役副社長執行役員の富山一郎氏、稲村亜美、創通代表取締役社長の難波秀行氏(東スポWeb)

タレントの稲村亜美(25)が25日、賞金総額500万円のeスポーツ大会「ガンダムゲームグランプリ(GGGP)2022」(主催・創通、特別協賛・SANKYO)のプレス発表会に出席した。

同大会でスペシャルサポーターを務める稲村は「小さいころ、兄と一緒にアニメを見ていました。ガンダムはみんなが好きなタイトルだから、関われてうれしいです」と笑顔を見せた。

野球やゴルフなどアクティブなイメージが強い稲村だが、「週6でゲームセンターに通っていた時期もあった」と意外な一面もアピール。そして「このタイトルについてもしっかりと勉強して、皆さんが全力で戦えるようにサポートします」と力強く語った。

また、大会で好プレーをするための〝稲村流ゲン担ぎ〟として「カツ丼を食べて、ガンダムグッズを抱いて寝ること」を提案。最後は「GGGP2022開幕です!」と宣言してからの〝神スイング〟で勢いよく締めくくった。

東スポWeb

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加