広島・九里亜蓮、6回3安打1失点の好投 中日・大野雄に投げ勝って降板

広島・九里亜蓮、6回3安打1失点の好投 中日・大野雄に投げ勝って降板

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/09/16
No image

中日打線を相手に力投する先発の九里(撮影・立川洋一郎)

「広島-中日」(15日、マツダスタジアム)

先発した広島の九里亜蓮投手(29)は87球を投げ、6回3安打1失点。勝利投手の権利を持って降板した。

初回、大島、平田、アルモンテを三者連続三振に仕留めるなど上々の立ち上がり。その裏に鈴木誠の2試合連続となる第18号3ランなどで4点の援護をもらった。

二回以降もボール先行ながら中日から凡打の山を築き、失点は六回2死からアルモンテの右越えソロのみ。変化球を軸に要所を締めた。

先発した中日・大野雄とは八回途中5失点で敗れた9月1日(ナゴヤドーム)以来の再戦となったが、見事にリベンジを果たした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加