インディカー第5戦インディGP予選:パワーが今季初PP。佐藤琢磨は13番手で「複雑な心境」

インディカー第5戦インディGP予選:パワーが今季初PP。佐藤琢磨は13番手で「複雑な心境」

  • motorsport.com 日本版
  • 更新日:2022/05/14
No image

2022年インディカー・シリーズ第5戦インディGPの予選が、インディアナポリス・モータースピードウェイのロードコースで行なわれた。ポールポジションを獲得したのはウィル・パワー(チーム・ペンスキー)だった。

Q1のグループ1では、1分09秒5544を記録したパワーが首位通過。ポイントリーダーのアレックス・パロウ(チップ・ガナッシ・レーシング)、ランキング3番手のジョセフ・ニューガーデン(チーム・ペンスキー)らも順調にQ2に駒を進めた。一方、ここでインディカー初優勝を挙げたリナス・ヴィーケイ(エド・カーペンター・レーシング)と6度の王者スコット・ディクソン(チップ・ガナッシ・レーシング)はQ1で振り落とされてしまった。

デイル・コイン・レーシングwithリック・ウェア・レーシングの佐藤琢磨もQ1グループ1で7番手に終わり、惜しくもQ2進出を逃した(総合13番手)。カットラインの6番手ロマン・グロージャン(アンドレッティ・オートスポート)との差はわずか0.0025秒だった。とはいえ彼にとってこの結果は今季のロード/ストリートコースのベストグリッド。予選後には「順調に前進できたので、ウォームアップからスピードを伸ばして力強いレースをしたい。でも少し複雑な心境」とコメントした。

Q1グループ2の最速タイムは前戦のウィナーであるパトリシオ・オワード(アロー・マクラーレンSP)。ランキング2番手でポイントリーダー返り咲きを目指すスコット・マクログリン(チーム・ペンスキー)も2番手で通過した。

12台がファスト6行きをかけて争うQ2は、パロウ、フェリックス・ローゼンクヴィスト(アロー・マクラーレンSP)、オワード、パワー、ニューガーデン、コナー・デイリー(エド・カーペンター・レーシング)の順となり、上記6台が通過となった。マクログリンは、レッドタイヤが最も機能するアタック1周目でミスがあり、11番手に終わってしまった。

ポールポジションを決するファスト6は、ホンダ勢唯一のファスト6進出となったパロウが1分09秒8090で終盤までトップに立っていたものの、最後の最後でパワーが1分09秒7664をマーク。通算64回目、今季初のポールポジションを獲得した。2番手はパロウ、3番手はニューガーデンだった。

David Malsher

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加