陸上=五輪金のゲブレシラシエ、エチオピア内戦で戦闘参加の意思

陸上=五輪金のゲブレシラシエ、エチオピア内戦で戦闘参加の意思

  • ロイター
  • 更新日:2021/11/25

[アディスアベバ 24日 ロイター] - 陸上の五輪長距離で2個の金メダルを獲得したハイレ・ゲブレシラシエ氏が24日、内戦が続く母国エチオピアでアビー・アハメド首相が最前線で指揮をすると表明したことを受け、戦闘に加わる意思を示した。

No image

陸上の五輪長距離で2個の金メダルを獲得したハイレ・ゲブレシラシエ氏(写真)が24日、内戦が続く母国エチオピアでアビー・アハメド首相が最前線で指揮をすると表明したことを受け、戦闘に加わる意思を示した(2021年 ロイター/Tiksa Negeri)

ロイターに対しゲブレシラシエ氏は、スポーツは「平和と愛」のためにあると信じていると語った一方、「国の存亡がかかっているとき、あなたはどうするだろうか。全てを捨てるだけだ。残念ながら、あなたを縛りつけるものはない」とし、首都アディスアベバへの進軍を先月予告したティグレ人民解放戦線とその同盟勢力との戦いに参加するという自分の決断を説明した。

また、ゲブレシラシエ氏は「エチオピアは、アフリカや大陸全体に多くの貢献をしてきた」として、「模範的な国だ。エチオピアが膝を折ることは、間接的に他の国に膝を折らせることになる。これは受け入れられない」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加