Windows 11ミニTips 第15回 Microsoft Storeアプリの自動更新をストップする

Windows 11ミニTips 第15回 Microsoft Storeアプリの自動更新をストップする

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/11/26
No image

Windows 11でもMicrosoft Storeを利用する場面は多い。業務利用目的で、任意のアプリをインストールするユーザーも多いのではないだろうか。だが、Microsoft Storeは一般的なアプリストアと同じく新しいバージョンをインストールしてしまう。

システム要件を満たさないPCでWindows 11を新規インストール

一般的な利用であれば、バグフィックスや機能を向上させるバージョンアップは歓迎する事柄だが、安定性を優先する場面ではトラブルを招いてしまうことも。このMicrosoft Storeの自動更新は、設定で制御可能だ。

画面構成は若干異なるが、Windows 10のMicrosoft Storeでも同様の手順で設定を切り替えることができる。なお、本稿執筆時に確認したところ、Windows 10のMicrosoft StoreもWindows 11と同じバージョンに更新されていた。

なお、企業で設定する場合はグループポリシーを利用することが多いだろう。「管理用テンプレート」→「Windowsコンポーネント」→「ストア」に並ぶ「更新プログラムの自動ダウンロードおよび自動インストールをオフにする」を有効にすれば、アプリの自動更新は無効になる。

著者 : 阿久津良和 あくつよしかず 1972年生まれのITライター。PC総合誌やDOS/V専門誌、Windows専門誌など、各PC雑誌の編集部員を経たのちに独立。WindowsとLinuxをこよなく愛しつつ、PC関連の著書を多数手がける。近年はBtoCにとどまらず、BtoBソリューションの取材やインタビューが主戦場。休肝日を設けず日々飲み続けてきたが、γ-GTP値が急激に増加し、早急な対応を求められている。 この著者の記事一覧はこちら

阿久津良和

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加