【引退会見一問一答】広島・石原慶「黒田さん、新井さんが帰ってきたことが大きい」

【引退会見一問一答】広島・石原慶「黒田さん、新井さんが帰ってきたことが大きい」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2020/10/16

広島・石原慶幸捕手(41)が16日、広島市内のマツダスタジアムで記者会見を行い、今季限りでの現役引退を表明した。赤ヘルひと筋19年の捕手は「野球選手として、チームの力になれないのであれば引退しないといけないと自分は思っていた」と現役を退く理由を明かした。11月7日の阪神戦(マツダ)では引退セレモニーが行われる。

広島・石原慶は涙なく終始にこやかな表情で語った。

--(自ら)

「よろしくお願いします。今季を持って引退することを決めた。今までありがとうございました」

--決断した時期は

「頭にあったのは年を重ねてきて、そのシーズンごとの勝負だと思って考えることがあった。最終的に決めたのはいつぐらいですかね…。2軍に落ちて1軍に上げていただいたその(8月8日)辺です」

--理由は

「チームのためになっているか、なっていないのかを考え、野球選手として、チームの力になれないのであれば引退しないといけないと自分は思っていた。そういった理由で引退を決めた」

--プレー面での物差しは

「プレーに関しては試合に出ることが減ってきているし、自分でもわからない。試合をベンチで見ているなかで、若い子と一緒に練習をするなかで、自分の立場はわかっている。そういうのも踏まえて決めた」

--誰かに相談は

「相談はしていない。報告をしたけど、自分で決めた」

--家族の反応は

「お疲れさまという言葉をいただいた。そんな感じ。急に伝えたという感じではない。もしかしたら近いうちにと、しゃべっていた」

--球団へ報告したときの反応

「鈴木さん(球団本部長)に報告をさせていただいて本当に辞めるのかと、反応があった」

--鈴木球団本部長との思い出

「鈴木さんとは若いころからチームのことなどいっぱい話をした。鈴木さんもわかってくれていると思う」

--広島での19年間を振り返って

「すごく幸せな時間です」

--長い、短い

「今は短くすごく感じます。あっと言う間に過ぎた。やっているときはすごく長く感じたが、決断してからは短く感じた」

--県立岐阜商高-東北福祉大を経て2002年にドラフト4巡目で広島に入団。Bクラスの時期を経て2016年-18年にはセ・リーグ3連覇を経験

「自分が入団してからは勝てず、Bクラスにいることが多かった。3連覇ができたきっかけは黒田さん、新井さんが帰ってきたことが大きいと思う」

--具体的には

「チームのために、みんなのために、という気持ちが大きい。今の選手もそう思ってくれているが、投手陣の中で年齢が一番上の黒田さん、野手陣の中で年齢が一番上の新井さんが自らそういうのを示してくれた。若い子にとってすごく良い影響になった。みんなが変わって、本当のチームになった」

--セ・リーグ3連覇を経験

「ずっと勝てない時期があるなかで3連覇させてもらった。自分のなかでは25年ぶりの優勝がすごく印象深い。3回ともうれしいが一番記憶に残っている」

--2016年の9月10日の巨人戦(東京ドーム)では25年ぶりのリーグ優勝を達成

「はっきりと覚えている。初めての経験だったのでどうしていいのか、戸惑いを持ってプレーをした。それも含めて鮮明に覚えている」

--一番の思い出は

「どの試合もいろいろな思い出がある。一番を決めるのは難しいが、ずっと勝てない時期に自分では責任を感じ、申し訳ないと思っていたので、その試合が一番記憶に残っている」

--球団捕手史上最多の通算1619に出場

「自分のなかでは必死に過ごした。何でできたか、自分ではよくわからない。ひとつは幸いなことに大きなけがもなくプロ野球生活を送れたことがある。出る、出ないは自分が決めたことではないので何がと、聞かれてもわからない」

--捕手の醍醐味(だいごみ)は

「投手をリードして、よく言うように1人だけ反対に座って全部を見渡すことができる。捕手が試合を動かせるのでそこが一番の醍醐味」

--印象に乗っている投手は

「いろいろな投手を受けさせてもらって、誰か一人は難しいが、僕の中で黒田さんが投げている姿や存在感は記憶に残っている」

--黒田博樹氏との思い出は

「まさか、もう一回一緒にユニホームを着てやれるとは正直、思っていなかった。もう一回、一緒のチームで戦えることができた。一緒に戦って優勝ができたので黒田さんです」

--黒田氏からの学んだこと

「チームが勝つために自分は何ができるか。黒田さんはずっと考えておられた。一番はそれを教えていただいた」

--黒田氏への引退の報告は

「決断したときに引退しますと言いました」

--反応は

「自分で決めたことなのでお疲れさま、と。現役生活があるので頑張って、と」

--K・ジョンソンら外国人投手との思い出

「とくに意識はなかった。外国人は日本の野球がわからないなかで、一緒に戦うなかで、しゃべるようにしていたが、特別な意識はなかった。ジョンソンがコメントを出してくれている。そういうのはうれしい。一人ひとりうれしい。とてもいい経験」

--打撃ではサヨナラ打の印象が強い

「意識はない。勝てるようにと意識した。サヨナラと言っても、打てたときもあるし、デッドボール、スクイズといろいろな経験をさせていただいた」

--後輩へのメッセージ

「今はテレビで試合を見ることが多いが選手はすごく頑張っている。とにかくすごく良い選手がいっぱいいる。3連覇したときのチームと今のチームは違うと思うが、その時の気持ちや雰囲気は絶対まだ覚えている。カープはみんなで同じ方向を向いて戦っていくことで勝っていくチーム。苦しくて大変なのはわかっているが頑張ってほしい。応援するしかない」

--11月7日の阪神戦(マツダ)では引退セレモニーへ向けて

「いまやっと走り出しができた。全力で走れるようにリハビリをして頑張ります」

--ファンへのメッセージ

「良い時も悪い時もずっと応援をしていただいた。どの球場に行っても左翼席、もちろんマツダスタジアムは真っ赤に染まっていた。ファンの皆さんが選手に勇気と力を与えてくれていたので感謝しかない。ありがとうと伝えたい。まだ戦いは続いていくので、また一緒に選手と一緒に戦ってほしい」

--引退後の予定は

「まったく決まっておりません」

No image

引退会見を行った広島・石原慶=マツダスタジアム(撮影・中島信生)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加