コアラを抱っこしてユ〜ラユラ「さぼってる?」→これも飼育員の立派なお仕事「喜んでやります」「代わりたい」と羨望の声

コアラを抱っこしてユ〜ラユラ「さぼってる?」→これも飼育員の立派なお仕事「喜んでやります」「代わりたい」と羨望の声

  • まいどなニュース
  • 更新日:2023/01/25
No image

「のぞみは気が済むまで抱っこしないとご飯食べない時があるので、こうやって飼育員がご機嫌を取っていることがあります。さぼってるわけではありません、これもお仕事@(・●・)@」とのコメントとともに投稿された1分弱の動画が注目されています。投稿したのは、淡路ファームパークイングランドの丘【公式】(@englandhill_zoo)です。

【動画】ゆらゆらと揺らしてもらって、気持ちよさそうなコアラさん

動画に映っているのは、、飼育員さんに抱かれゆ~らゆら揺れているコアラ。淡路ファームパークイングランドの丘で飼育されている14歳の女の子、のぞみちゃんです。むくむくの毛並みとつぶらな瞳が愛らしく、飼育員さんに揺られてとっても気持ちよさそう…。飼育員さんの肩をぎゅっとつかみ、時々顔をうずめるような仕草をみせたり…のぞみちゃんが安心しきっている様子が伝わります。

コアラをずっと抱っこできるなんて、飼育員さんの特権!でもこれものぞみちゃんがしっかりご飯を食べられるように行う、飼育員さんの大切なお仕事なんです。

この投稿に「夢のような仕事」「可愛い~ヾ(≧∇≦)私なら喜んでその仕事やります」「こんな仕事がしたい!って就職を希望する人が子供から大人までたくさんいそう!」「代わりたい」「ちゃんとゆらゆらしてあげてる。信頼関係ですね」とうらやましがる人が続出!

「抱っこ係も長い時間は大変ですよね。お疲れ様です〜」と飼育員さんをねぎらう声もあがり、動画は110.8万回も再生され、5.8万のいいねがつきました。

のぞみちゃんや飼育員さんとの関係性について、淡路ファームパークイングランドの丘の担当者さんにくわしくお話を聞きました。

――のぞみちゃんについて教えてください

「今から12年前の2011年3月に、兵庫県と西オーストラリア州の友好姉妹都市提携30周年を記念して来園しました。性格は甘え気味のツンデレです」

――のぞみちゃん、気が済むまで抱っこしないとご飯を食べないのはいつくらいから始まりましたか?

「必ずそうしないと食べないわけではなく気分のものなのではっきりとは言えませんが、来園当初から14歳になった今でも続いていますね。のぞみは幼少期に半分人の手で育った経緯があるため、人間のことを親のように感じているようです。小さいときはもちろん、大人になった今でも抱っこを求めてくる時があります」

――のぞみちゃんが抱っこをせがむのは、ご飯時以外にもありますか?

「はい。のぞみはコアラの中でも特に気難しく、食欲がなかったり機嫌が悪いときに抱っこを求めることが多いように感じます」

――コアラたちの関係性を教えてください

「コアラは基本的に縄張り意識が強く、単独行動をする動物なので、1頭ずつで飼育しています。現在当園では、他園から借り受けているコアラを含め6頭のコアラがいますが、のぞみ以外は基本的には抱っこを求めてきたりはしませんね」

――「うらやましい!」「代わりたい!」というリプも多くありましたが、実際はやはり大変なのでしょうか

「のぞみは現在8kgほどで、抱っこも1分ほどで気が済むときもあるので、抱っこ自体は大変ではありません。ですが、その日の気分でエサを食べなくなりやすいので、日々気を使ってお世話しています」

――のぞみちゃんを抱っこする飼育員さんは決まっているのでしょうか

「普段からのぞみと顔を合わせる飼育員でしたら特に差はありません。私たちは普段、野生動物が本来もつ生態を尊重して、必要以上に接触しないよう心がけています。ただ、のぞみに関しては、幼少期に半分人工飼育下で育った経緯があるのと、現在日本国内で飼育されているコアラの中では最高齢(飼育下コアラの平均寿命は15歳ほど)で、今後も長生きしてもらうためストレスをかけないよう、ある程度要望に応えるようにしています」

――のぞみちゃんには毎日会えるのでしょうか

「基本的には毎日展示場に出ています。ですが、動物なので急遽体調管理のためにバックヤードへ移動したりということもあるかもしれません」

――コアラを観賞する際のポイントやおすすめの時間帯などあれば教えてください

「コアラは1日18~20時間ほど眠る動物なのでタイミングを逃すとなかなか起きている姿を観察できないかもしれません。エサ交換の時間帯はわりと活発に動くかもしれませんので各動物園のエサ交換の時間はチェックしておくといいと思います。当園では毎日11時半頃に新しいユーカリに交換しています」

――イングランドの丘の目玉である「コアラ館」の見どころを教えてください

「のぞみは南方系コアラという系統になります。日本国内でコアラを飼育している動物園は7園ありますが、南方系コアラは当園にしかおらず、希少な存在です。さらに現在はコアラ繁殖推進計画の一環として、他園から北方系コアラも2頭来園しています。2系統のコアラを比較観察できるのは今だけです」

ーー先日情報解禁されましたが、コアラの赤ちゃんが誕生したそうですね

「はい、そうなんです。繁殖計画のために来園している北方系コアラのウミとピーターに間に、赤ちゃんが2022年8月11日に誕生しました。有袋類特有の育児方法により誕生から半年ほどは赤ちゃんの姿を見ることができないためこの度の発表となりました。今はまだ観覧通路から肉眼で見ることは難しいと思われますが、春休み頃にはかわいい姿が見られると思います」

現在国内最高齢である14歳ののぞみちゃん。同園の担当者は、「昨年享年25歳で亡くなった当園のみどりのように、世界最長寿記録を更新できるよう、精一杯サポートしていきたい」と語ってくれました。 2月1日には、かわいらしい写真を詰め込んだ写真集「おかふぉと。」を同園の売店とオンラインストアで販売。また1月29日までは、オフショット写真が楽しめる写真展も開催されています。

淡路ファームパーク イングランド丘の公式Twitterでは、動物たちの日々の生活や性格を発信し、ファンが続出中。公式Instagramでは、Twitterとはまた違った動物たちの日々の様子を更新しているので、どちらも要チェックです。

(まいどなニュース/Lmaga.jpニュース特約・福尾 こずえ)

まいどなニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加