阪神・糸原の失策から先制点献上 5・16以来の復帰戦で痛いミス

阪神・糸原の失策から先制点献上 5・16以来の復帰戦で痛いミス

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/12
No image

1回、島内に先制三塁打を打たれる青柳(撮影・飯室逸平)

「楽天-阪神」(11日、楽天生命パーク宮城)

阪神の先発・青柳が先制を許した。初回、2死から浅村の二塁前への打球を糸原がショートバウンドを取り損ねて失策。続く4番島内に右翼線へ先制の適時三塁打を浴びた。

糸原は下肢のコンディション不良から復帰したばかり。「7番・二塁」で5月16日巨人戦(東京ドーム)以来となるスタメンだが、痛恨の失策となった。

その後、青柳は2イニング連続で失点。0-1の二回、先頭・茂木への初球141キロを捉えられ、右翼スタンドへ、10号ソロを運ばれた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加