【格闘技/RIZIN.31】斎藤裕、初防衛戦に向け万全アピール 理想のフィニッシュは「ワンパンチKO」

【格闘技/RIZIN.31】斎藤裕、初防衛戦に向け万全アピール 理想のフィニッシュは「ワンパンチKO」

  • SPREAD
  • 更新日:2021/10/14
No image

24日に横浜・ぴあアリーナMMで開催される「Yogibo presents RIZIN.31」のメインカードで、現RIZINフェザー級王者として初の防衛戦に挑む斎藤裕が14日、オンラインで練習を公開した。

◆牛久絢太郎が公開練習 初参戦で王者・斎藤裕とのタイトルマッチに「ゾンビかよ」という凄さを見てほしい

■「負けたら次はないという気持ちは変わらない」

練習後にインタビューに応じた斎藤は、DEEPフェザー級王者・牛久絢太郎相手の防衛戦について、「早く終わるに越したことはないですけど、焦ってはない。しっかり3ラウンドやる中で、“攻め時”を冷静に見極めたいなと思っています。とにかく変に力入れて、最初から倒しに行くのは考えていないです」と語り、理想のフィニッシュについては「ワンパンチ、ワンパンチKO」と、冷静にKOの機会を狙っていく姿勢を示した。また、セコンドにはRIZIN漢塾の“塾長”こと石渡伸太郎がつくと明らかにした。

初の防衛戦に対して、特別な気持ちがあるかという問いに対しては、「今回はRIZINのメインイベントで防衛戦ということで、本当にたくさんの人を巻き込んでいるのは自分でも感じている」としつつも、「基本的に、試合は勝ちか負けしかないので、戦いに挑むという意味では今までの試合と変わらずに、負けたら次はない、という気持ちでやってはいます」と自身の姿勢に変わりはないと強調した。

No image

(C)RIZIN FF

No image

RIZIN初参戦のライト級ファイター・アキラ(C)RIZIN FF

この日の公開練習で相手役を務めたアキラは、斎藤よりも一階級上のライト級ファイター。練習の“狙い”について斎藤は、課題克服と海外勢との対戦を見据えているとした。

「自分の思い通りの戦いができるように、というのがずっと自分の課題ではあるんですけど……パワーがある選手に対して自分の動きができるか。ずっとアキラさんとは練習してるので、そういった意味では免疫というか、海外勢なんかは特に一階級上のパワーを持っていたりするので、すごくいい練習をさせてもらっています」。

「期待もあると思うので、どんどんやっていきたい」と、海外勢との試合についても前向きな姿勢を示した斎藤。さらなる高みを目指すため、初防衛戦で狙うは完勝の二文字だけだ。

◆萩原京平、再起戦は“ケージファイト” 再生や発掘主眼の新シリーズ「TRIGGER」開催決定

◆斎藤裕、紆余曲折の初防衛戦は牛久絢太郎と激突へ 「序盤からぶっ倒しにいきます」

◆浅倉カンナが公開練習、7カ月ぶりの再起戦に「負けが無駄にならないように、悔しさ爆発させる」

文・SPREAD編集部

SPREAD

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加