新橋“呑めるランチ” 虎ノ門「峠そば」への遠い道のり

新橋“呑めるランチ” 虎ノ門「峠そば」への遠い道のり

  • 文春オンライン
  • 更新日:2018/04/17

4月第2週の平日、昼前の新橋駅界隈。喧騒とランチの香りが辺りに漂う。

【写真】新橋「あぶり 清水 総本店」の新メニュー・はらみ石焼ビビンバ

いつもなら、虎ノ門の立ち食いそばの名店「峠そば」に早めの昼メシに行こうというところだが、午前11時を過ぎると「峠そば」にはなかなかたどり着くことができない。新橋駅周辺は誘惑ランチの宝庫だからだ。

今回は、そんな新橋「誘惑ランチ」の穴場的なお店を2軒ほど紹介しよう。テーマは「呑めるランチ」だ。

立ち呑みは「三文の徳」

まず、1軒目は新橋駅前ビル1号館にある「立ち呑み処 三文の徳」である。「しいたけそば」でおなじみ・立ち食いそば「三松」や立ち飲み「喜楽」、「おさけ村」などがひしめく1階フロアに2016年9月に開店した店で、夜は宮崎おでんや宮崎産の地魚・地鶏刺し、鶏のたたきなどを楽しむことができる。

No image

「もう呑めるよ!!」だって

店主の徳さんは宮崎出身で、宮崎でラーメン店も経営していることから、新橋でも2017年から宮崎とんこつをベースにしたらーめんを提供するようになった。

11時過ぎに訪れると、一杯やっている集団が店奥でくつろいでいる。夜勤明けのおつかれちゃん組だ。確かに、店先にも「もう呑めるよ!!」と大きい字で書いてある。

九州から空輸しているという麺

徳さんにおすすめのらーめんをたずねると、基本の宮崎とんこつ白か黒(焦がしにんにくマー油が入ったもの)だというので、「宮崎とんこつ白」700円を注文した。ついでに、「宮崎おでん、大根、厚揚げ、豚なんこつ」(おでん種すべて200円)、「穴子めし」200円を注文。すると、にっこりしながら「ハイ、これもね」と真っ先に「焼酎の水割りレモン入り」400円が登場することに。おでんを食べ呑みながら待つこと5分。「宮崎とんこつ白」が登場した。

スープの色は博多とんこつの白系というよりは、やや醤油系のあざやかなタイプ。一口飲むと、豚軟骨や豚骨からでたコラーゲンたっぷりのトロミがあるタイプで、上品な味である。九州から空輸しているという麺は博多の細いタイプではなく中太麺。スープとよく絡んでコシもある。らーめんに厚揚げ、大根をオンして食べてみると、これはまたオツな味である。おでんがこのスープによく合うのだ。ヤミツキになりそうだ。このまま、ずっと呑むこともできるのか、恐ろしいことだ。

「あぶり清水」4月からの新メニューに注目したい

さて、2軒目は烏森口から信号をわたり路地を少し入ったところにある「あぶり 清水 総本店」である。こちらはもともと東側の駅前ビルの南側に2009年春から小さな店を構えて営業していた店だったのだが、その味が評判になり、2017年6月に烏森口にも総本店として開店した。すでに5店舗目というからその人気がうかがえる。新橋では一番元気がよいやき豚・牛もつ鍋・馬刺し・鳥刺しの店といってもよいだろう。こちら12時からオープンするが、平日はランチも提供しているというありがたい店である。

午後1時過ぎにお店を訪問した。店長の池田さんがにこやかに迎えてくれた。1階から3階まですべてお店というからすごい。ランチの定番は夜の人気メニューを定食にした「はらみポン酢定食」1000円と焼きとんのタレをかけた「はらみ丼」1000円だが、池田店長は4月からの新メニュー「はらみ石焼ビビンバ」1000円を是非食べてほしいとすすめてきたのでそれを注文した。

もちろん夜のメニューも仕込みが終わっていればすべて注文できるというので、イチオシという「新!!鳥刺し」980円と禁断の「緑茶ハイ」450円を追加注文。

まぜまぜタイム、もぐもぐタイム

石鍋にご飯を入れて、たたき風のはらみやナムルをのせて、目の前のコンロでアツアツに火を入れ、いい音がしてきたところで卵黄と白ごまを載せて登場した。池田店長がタレをかけてまぜまぜして、もう一度火を入れておこげを作って完成である。素敵な演出である。

早速いただくと、タレごはんとはらみに程よく火が入って上質な出来上がりだ。辛味噌も付いてくるので、味変を楽しみながらいただける。まだ、メニューにはないが、だれでも注文できるそうだ。

そして圧巻の「新!!鳥刺し」が登場した。北海道のブランド鶏「桜姫」のささみとレバの湯引き刺しである。薬味もわさび、しょうが、にんにくとごま塩とフル登場で感動的だ。ささみもレバも鮮やかなピンク色に近い。これで「緑茶ハイ」おかわりは決定的だ。

ちなみに夜の定番、「あみレバ」210円/本や「はらみポン酢(中)」650円ももちろん注文できる、ありがたすぎるお店である。誘惑の新橋ランチ。虎ノ門の峠そばにはなかなかたどり着けないわけである。

写真=坂崎仁紀

立ち呑み処 三文の徳

東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館1階

営業時間 11:00〜24:00
定休日 日

あぶり 清水 総本店

東京都港区新橋3-19-8 ル・グラシエルBLDG.30

営業時間 火~土・祝前日 12:00~翌4:00
日・月 12:00~24:00
定休日  不定休

(坂崎 仁紀)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

お店カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
GWは「ラーメン女子博」へ♡年間600杯食べても“太らない”コツを伝授!
パン好きが集まる人気店、東日本橋 「ビーバーブレッド」
【極上グルメ】激ウマなのに経営がヘタすぎて潰れそうな蕎麦屋 尖 / しかし行く人すべてが大絶賛「日本一美味しい」
【極上グルメ】メキシコ料理店サルシータの美味しい料理ランキングベスト10発表 / 1位ケソフンディード
『孤独のグルメ』井之頭五郎の“バイキンガー”ぶりと、タイトルに「一人」が入る意味とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加