新鋭校の着実な成長...明秀日立が「節目で当たる」鹿島に快勝、3年連続の決勝へ:茨城

新鋭校の着実な成長...明秀日立が「節目で当たる」鹿島に快勝、3年連続の決勝へ:茨城

  • ゲキサカ
  • 更新日:2017/11/13
No image

[11.12 選手権茨城県予選準決勝 明秀日立高 2-0 鹿島高 カシマ]

第96回全国高校サッカー選手権茨城県大会の準決勝が12日にカシマスタジアムで行われ、明秀日立高鹿島高を2-0で下し、3年連続の決勝に勝ち上がった。19日の決勝では水戸啓明高と対戦する。

両チームは昨年の準決勝でも激突。その時は1-1から突入したPK戦の末に明秀日立が勝利した。そして新チームになって対戦した新人戦では決勝で対戦し両校優勝。インターハイ予選では準々決勝で対戦し、鹿島が2-1で勝利。県リーグの対戦では1勝1敗と、近年は互角の戦いを繰り広げている。「節目でよく当たりますね」。両チームの監督は試合前にそんな話をしたという。

試合は明秀日立が開始6分のプレーで先手を奪う。左サイドを抜け出したMF及川央泰(2年)がクロスを入れると、ファーサイドでフリーになっていた主将DF深見凛(3年)が右足ダイレクトで蹴り込み、幸先よく先制に成功した。

勢いづいた明秀日立はその後も主導権を握り続ける。前半9分の右CKを頭で合わせたMF荒井慧伊大(3年)のシュートは枠上に外れるなど、追加点を奪うチャンスは逃したが、危なげなく前半を1点リードで折り返した。

そして待望の追加点は後半15分、左サイドの距離のある位置で得たFKMF成島茉宏(2年)が大きく蹴り入れると、GKの前に走り込んだDF高嶋修也の頭にピタリ。勝利をグッと引き寄せる2点目を奪った。

攻めるしかない鹿島も後半26分に怪我でベンチスタートとなっていた10番MF久尾僚(3年)と7番MF清瀬郁哉(3年)を同時投入。反撃を試みるが、余裕を持った明秀日立の守備陣をこじ開けることは出来ない。同33分に胸トラップからFW川島唯都(3年)が狙った右足シュートも、枠を捕らえることはなかった。

明秀日立は野球の新鋭校としても知られる。昨年は横浜DeNAベイスターズにドラフト指名された細川成也外野手を輩出。そして先日まで行われていた秋季関東地区高校野球大会では、準優勝の成績を残して来春の選抜大会出場を決定的にした。「ものすごく意識している」と言葉に力を込めた萬場努監督。「いい刺激にな場っている。野球部に負けていられない」と対抗心を燃やした。

ただサッカー部の方は先に全国区になっており、2年前には茨城県を制して、全国選手権に初出場。1回戦で名門・四日市中央工高を破るなど、波乱を演じた。そして萬場監督も「今年のチームの方が上手」と手ごたえを語る。メンタル面に課題を残すというが、今大会を勝ち上がるごとに成長を見せる生徒たちに目を細める。

決勝の相手に決まった水戸啓明とは、新人戦の準決勝で対戦。1-0で勝利した相手で、リーグ戦は1勝1敗だが、苦手意識はない。「叩き潰しに行きたい」。昨年はPK戦で涙をのんだ明秀日立。2年ぶりに茨城県制覇へ、リベンジの舞台はもうすぐそこにやってくる。

(取材・文 児玉幸洋)●【特設】高校選手権2017

★日テレジータスで「高校選手権」地区大会決勝を全試合放送!11/20(月)14時~運命の「抽選会」を生中継!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
川崎、鹿島の試合なしV阻止!シュートの雨で勝ち点3もぎ取った
ハンブルガー酒井高徳、古巣新潟J2降格に「残念」
元SMAP“パラサポ復帰”にファン歓喜「涙が出てきた」「一気に目が覚めた」
【新潟】J2降格が決まったのになぜ?小泉慶も「普通じゃ考えられない」サポーターの反応
徳島、ロドリゲス監督の続投を発表。今季は最終節でプレーオフ逃す
  • このエントリーをはてなブックマークに追加