風邪をひきやすい人とひきにくい人の違いって? - 内科医に聞いた

風邪をひきやすい人とひきにくい人の違いって? - 内科医に聞いた

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/10/19

●咳が止まらない症状の内科的見解

No image

風邪をひきやすい人とひきにくい人の違いって?

体温調節が難しい季節の変わり目は、風邪をひきやすい。病院に行けずに風邪が長引くと、体がつらいのはもちろん、仕事やプライベートにも影響が出てしまうため、ひき始めのうちに治したいところだ。

そこで今回は内科の大川原華織医師に、風邪の予防法や悪化させないコツ、風邪薬・漢方の取り入れ方などについてお聞きした。これから寒さが本格化すると、季節性・流行性の病気も増えてくるので、しっかりと予防しよう。

――まず、風邪の定義について教えてください。

風邪は鼻腔(びくう)から咽頭・喉頭までの上気道に起きた炎症のことで、原因の80%はウイルスによるものです。微熱・倦怠(けんたい)感・鼻汁・咽頭痛など、さまざまな症状を呈します。

健常人ではほとんどが軽症で自然治癒し、38度以上の発熱を呈することも、発熱が3日以上続くことも少ないです。咳が続くことも多いですが、通常は7~10日で鎮静化します(咳は治ります)。3日以上発熱が続く場合や、7日以上風邪の症状が改善しない場合は、他の病気の可能性もあるため、採血やレントゲンなどの検査が必要となることがあります。

――生活習慣などで、風邪をひきやすい人とひきにくい人の違いはありますか?

例外もありますが、生活が乱れている方は、多忙な毎日のために休養が足りず、たくさんのストレスにさらされがちです。忙しさから外食が続くと、高糖分・高脂肪の食事に偏り、ビタミン類や食物繊維の不足なども起こりやすくなります。これらが重なった場合、免疫システムが低下すると言われますので、風邪もひきやすくなるでしょう。

風邪を予防するためには、難しいかもしれませんが、ウォーキングなどの適度な運動(激しい運動は逆効果)、適度な休養、バランスのよい食事、適度な外交(家族や友達と遊ぶなど)を心がけることが大切です。

――風邪は治ったのに咳だけ止まらない場合、考えられる原因は?

一番多いのは「感冒後咳嗽(かんぼうごがいそう)」と言って、風邪の際にウイルス排除をするための咳が遷延して残るものです。咳は残りやすく、一般的に7~10日ほど、長い方では1カ月~数カ月続くとも言われています。その他、肺炎や肺がん、結核、百日咳など、初期症状が風邪と似ている病気も考えられます。10日以上咳が続く場合は、病院での受診が安全ですね。

受診して呼吸器系の病気だった場合、基本的には内服加療と吸入薬による治療を行います。症状がひどい場合には点滴加療を行います。発熱や酸素化(体の中に酸素を取り込めていないような状態)では、入院が必要です。咳を悪化させず喉の調子を健康に保つためには、ほどよい加湿と禁煙を心がけましょう。

――風邪は風邪薬を飲めば治りますか? また、市販薬を選ぶ際の注意点を教えてください。

ウイルスによる風邪は、通常では抗菌薬(細菌をやっつける薬)の適応となることは少ないです。健常人の場合、風邪は軽症のうちに自然治癒することが多いので、むやみに薬を飲む必要はありません。治療の基本は対症療法で、発熱や咳はウイルス感染に対する生体防御反応(ウイルスを体外に排出しようとしている)のため、あまり薬で抑えないのが正解です。

解熱剤や鎮咳薬(咳を抑える薬)は体内からのウイルス排除を阻害し、治癒を遷延させる(風邪が治らない期間を延ばす)可能性があるため、1日3回など定時的には飲まず、症状が強いときだけ飲むことをお勧めします。

また、総合風邪薬はいろいろな成分が含まれているため、薬剤の配合量が少なく効果が不十分となる可能性もあります。配合剤(いろいろな薬が入っている)のため不要な薬剤も入っており、副作用などを引き起こすことも。特に市販薬は、手軽に買えるので安全と思っている方も多いと思いますが、副作用が出たり、普段飲んでいる薬との飲み合わせが悪かったりする場合もあります。薬剤師さんに相談して、自分に合ったものを購入することをお勧めします。

繰り返しになりますが、ウイルス性の風邪では抗菌薬を飲む必要はありません。抗菌薬で治っている感じがするかもしれませんが、自然経過で治っていることが多いです。実臨床をしていると、必要がないことを説明してもなお抗菌薬を欲しがる患者さんがいますが、抗菌薬を内服することで逆に腸内細菌叢(そう)を壊し、下痢になってしまうことも珍しくありません。

ただし、すべての風邪において抗菌薬がダメなわけではなく、一般細菌やマイコプラズマなどによる風邪は、抗菌薬の適応となります。3日以上たっても熱が下がらない場合や、「体を温める」など対症療法を行っても改善しない場合は、病院での受診をお勧めします。

――葛根湯を飲むベストタイミングはいつでしょうか?

漢方薬には、さまざまな種類があります。中でも有名な「葛根湯(かっこんとう)」は体を温める作用が入っているので、風邪のひき始めに飲むのが正解。風邪の症状が強いときに総合風邪薬と同じような感覚で飲んでも効果は薄いです。

症状が強いときには、症状に応じた漢方もたくさんあります。発熱には、インフルエンザにも効くと言われている「麻黄湯(まおうとう)」、咳には「麦門冬湯(ばくもんどうとう)」など、市販されているものも種類が豊富です。

"漢方は効果がわかりにくいし飲みにくい"という方も多いと思いますが、実は私もそうでした。しかし以前、風邪をひいたときに「麻否甘石湯(まきょうかんせきとう)」を内服したところ、咳がピタリと止まりました! いろいろな種類の漢方があると思いますので、効能を確認し内服してみてください。

――「体を温めて汗をかく」「氷枕で冷やす」など、風邪にはさまざまな対処法がありますが、病院に行く前にとるべき対処法について教えてください。

風邪をひいたときは対症療法が基本となります。寒気がするときは体を温めることが大切です。発熱してつらいときは頭や首、腋か(ワキ)や鼠径(そけい)部を冷やします。食事がとれるときは消化の良いものを摂取し、食べられないときは脱水予防のため白湯(さゆ)などを摂取しましょう。また、ビタミンCは風邪予防のみならず、風邪をひいた後、ウイルスで傷ついた細胞の修復にも効果的との報告もあります。

ただし、基礎疾患がある方(心臓・肺・腎臓が悪い方、糖尿病の方、免疫不全の方など)や妊婦さん、小児や65歳以上の高齢者の方などは悪化することがありますので、早めに病院で診てもらうことをお勧めします。

※画像と本文は関係ありません

取材協力: 大川原華織(オオカワラ・カオリ)内科医。En女医会所属。

En女医会とは
150人以上の女性医師(医科・歯科)が参加している会。さまざまな形でボランティア活動を行うことによって、女性の意識の向上と社会貢献の実現を目指している。会員が持つ医療知識や経験を活かして商品開発を行い、利益の一部を社会貢献に使用。また、健康や美容についてより良い情報を発信し、医療分野での啓発活動を積極的に行う。En女医会HPはこちら。

取材協力: 大川原華織(オオカワラ・カオリ)

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「頭が混乱する...!?」反射によって生み出された奇跡の写真いろいろ
「この老夫婦、40年前の姿が想像できたら神だと思う...」孫が見たら仰天しそうな写真
【けしからん】美人だが、あまりに攻めた格好で授業どころではない教師が話題に
【嘘だろ】この美女に「衝撃的な真実」が隠されていると話題に!信じられない
その手があったか!「コンドームエッチ」で気持ち良くなる方法3つ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加