オリックス増井が誕生「40セーブ目指す」背番17

オリックス増井が誕生「40セーブ目指す」背番17

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/12/07
No image

背番号17を披露しガッツポーズする増井浩俊(撮影・上田博志)

オリックスにFA移籍の増井浩俊投手(33)が7日、大阪市内で入団会見を行った。

日本ハムからFA宣言し、同じパ・リーグの新天地を選択。背番号17の新しいユニホームに袖を通した。「不安もあるが、新しい環境で精いっぱい頑張りたい。やりたかったリリーバーをやらせてもらえることと、今季まで敵として戦っていて、オリックスがこれから強くなっていくんじゃないかと感じていたので、そういうチームに入って一緒に目指したいなと思った」と話した。

先月の獲得交渉の場には福良監督が同席。増井は「来てくれたら試合が計算しやすい。チームが上に行くために必要だと言っていただいて、それがグッと来た」と入団に気持ちが傾いたことを明かした。

球団は来季、抑えとしての活躍を期待。通算110セーブの実績を持つ増井は「常にキャリアハイを目指してやっている。40セーブを目指してやっていきたい」と意気込みを語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
中日移籍の大野奨が入団会見、地元で野球「僕の夢だった」
万全で久米島に来い!楽天梨田監督がオコエに指令
広島D1・中村奨、一途なコイ貫く!メジャー興味なし「カープで引退を」
名打者・篠塚和典氏が語る打撃の極意 イチローも使うバットの秘密、驚異の技術
12日に29歳になったDeNA・宮崎「特に祝われてはないですね...。この時期なんで」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加