実用的なプラスα機能を搭載した忘れ物防止タグ『MYNT』

実用的なプラスα機能を搭載した忘れ物防止タグ『MYNT』

  • @DIME
  • 更新日:2018/01/12

■連載/鈴木拓也のクラウドファンディング・ウォッチャー

昨年あたりから、各国のベンチャー企業が開発し、世に送り出している「忘れ物防止タグ」。基本的な仕組みは、タグをストラップで財布や鍵といった貴重品につないでおき、自身のスマホと一定距離離れるとスマホに警告メッセージが表示されたり、タグがアラームを鳴らすというもの。

No image

とても便利なアイデアガジェットながら、これまで出た商品は、値段が高い、かさばる、アラームが聞こえない距離になるとアウトなど、細かい欠点や使い勝手の悪さがあった。

そうした問題を解決したのが、シリコンバレーのスマートウェアラブル機器開発を事業とするスライテック社の主力製品『MYNT』(ミント)。日本では、株式会社FUGU INNOVATIONS JAPANが輸入代理店を務め、日本のクラウドファンディング大手Makuakeにて、資金募集を兼ねた事前注文を受け付けていた。50万円の目標額に対し600万円強もの資金を集めたこのプロジェクトは終了しており、今後は小売価格3,980円(税込)で一般向けの販売が予定されている。

No image

『MYNT』は、競合製品と同様、専用アプリがインストールされたスマホとの距離が一定以上離れると、アラームが鳴る。これだけでなく、アラーム可聴距離を離れても、スマホのマップ表示機能で、『MYNT』の入った貴重品のありかが確認できるようになっている。財布のような貴重品忘れだけでなく、幼い子供のポケットに入れて迷子防止に使ったり、マイカーのダッシュボードに置いて、広い駐車場のどこに停めてあったかわかるようにしたりなど、応用範囲は広い。スマホ1台で、複数(最大8個)の『MYNT』を登録できるので、「財布に使うべきか、バッグに使うべきか」などと悩む必要もない。

さらに、『MYNT』が既存の類似品と比べ魅力的なのは、Bluetooth通信機能を生かして様々な機器をリモートコントロールできる点にある。例えば、『MYNT』のボタンを押すと、離れた場所にあるスマホの付属カメラがシャッターを切ると設定できる。これにより、自撮りやツーショット写真が簡単にできるようになる。また、デスクの上にある音楽プレーヤーを、ソファに寝たまま『MYNT』のボタンで再生やボリューム調節が行えるよう設定することも可能。パソコンのパワーポイント画面を操作することもでき、プレゼンの場でも活躍する。

このように革新的な能力を持つ『MYNT』だが、あくまでもスマホとBluetoothによって通信するデバイスである点は、他社の忘れ物防止タグと同じ。Bluetoothの通信距離は最大で50mほどなので、もしも電車の中に忘れて、その電車が遠くに行ってしまえば、最後にスマホと『MYNT』がBluetooth通信した、50m離れた線路の上をマップ表示するだけである。この問題の解消に近づけたのが「クラウドGPS」という機能で、他人の持っている『MYNT』が忘れ物の近くにあれば、自分のスマホで位置を特定できるというもの。他人のスマホに位置が表示されるわけではないので、安心して忘れ物を取りにいくことができる。もちろん、クラウドGPSがそれなりの力を発揮するには、『MYNT』の今後の普及が前提となり、この点は留意しておく必要があるだろう。

文/鈴木拓也
老舗翻訳会社の役員をスピンオフして、フリーライター兼ボードゲーム制作者に。英語圏のトレンドやプロダクトを紹介するのが得意。

※記事内のデータ等については取材時のものです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“顧客ファースト”でシェア上位 独自路線の「mineo」、次なる施策は?
AIを実現する「ニューラルネットワーク」を自動的に構築することが可能なAIが出現
ほとんど球状なテントがTHE NORTH FACEから登場。設営が容易で居住性も抜群!?
ドライブ中に必要な情報をわかりやすく表示するケンウッドのハイレゾ対応カーナビ『MDV-Z905W』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加