もう日大当局に任せておけない!アメフト部父母会、スポーツ庁、他大学監督も動き出した!

もう日大当局に任せておけない!アメフト部父母会、スポーツ庁、他大学監督も動き出した!

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2018/05/25

日本大アメリカンフットボール部員の父母たち111人は、きのう24日(2018年5月)に緊急父母会を開き、悪質反則問題を話し合った。内田正人前監督の指示はなかったと言い張る大学側の対応に、「憤りを覚える」との声があがり、父母会会長は「個人的には(指示を受けたという)宮川泰介選手の発言が正しいと思う」と話した。

会長はさらに「ほとんどの父母は監督がどういう人なのかまったく知らない」「私たちが動かないといけない。選手が一番つらいなら助けたい」という。父母会は「宮川選手を守ってあげられなかったことは申し訳ない」という点で一致し、今後は声をあげていくそうだ。

聞き取り調査に常任理事はオドオド「すみません」連発

スポーツ庁はきのう日大の石井進常務理事ら2人を呼んで、調査に乗り出した。聞き取りは非公開で1時間半に及んだが、終えて記者に囲まれた理事はどこかおどおどしている。1人はもう1人の顔色をうかがいながら「すみません」を繰り返すばかりで、問いかけに無言で立ち去った。

日大が所属する関東学生アメリカンフットボール連盟はきのう1部リーグの監督会を開いた。日大の森琢ヘッドコーチも参加したが、監督の指示はなかったとする従来の見解を繰り返した。他大学の監督からは日大の永久追放や対戦拒否の声も出たという。

選手たちに声明出す動き

赤荻歩アナ「監督会見から波紋が広がっています。何かが変わりそうです」

司会の国分太一「それにしても、理事2人の対応にはがっかりしました」

司会の真矢ミキ「2人はすごい固まっていましたね。森ヘッドコーチも選手と距離感があります」

堀尾正明キャスター「愛情を感じられない」

「朝日新聞」は選手の間に声明文をつくる動きが出たと報じている。

テリー伊藤(タレント)「それが本来の姿で、どんどん意見を言ってほしいですね」

堀尾「学生が就職やバイトで差別され始めたとの情報もあります。トップが出てこないと何も進まないですよ」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
開始3分でコロンビア退場者!!日本がPKで先制!!
“アクションサッカー”でコロンビアから金星!西野朗監督が柴崎を名指しで称賛【ロシアW杯】
【日本2-1コロンビア|採点&寸評】長友と原口の闘争心に拍手!神様、仏様、大迫様!!
「運だけではない」日本代表・W杯金星の舞台裏、指揮官の駆け引き
<W杯>日本対コロンビア、中国人の勝敗予想は...!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加