宮本亜門氏、前立腺がん手術後の心境変化告白「一番変わったのは自分に優しくなった」

宮本亜門氏、前立腺がん手術後の心境変化告白「一番変わったのは自分に優しくなった」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2019/06/12

前立腺がんを患っていることを公表し、5月22日に摘出手術を行った演出家の宮本亜門氏(61)が12日、日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜後1・55)に生出演。術後の経過を報告した。

No image

演出家の宮本亜門氏

都内から中継でつないで出演し、MCの宮根誠司(56)とあいさつを交わすと「相変わらず元気です。基本的には完全復活に近いところまできているので、嬉しい。手術の時に全身麻酔をかけているので、体力は正直戻っていませんが、今後は良くなっていくだけなので、それを楽しみにしています」と語った。

手術の様子について「全摘出手術で、3時間くらい。目が覚めたら終わってた感じです」といい、術後の痛みは「いろいろありました。“痛い!”というより“ジーン”という痛みは、今でも少しあります」と説明した。

心境にも変化があったといい、「『がん』と聞いた時はドラマを見ているような感じ。入院中は死についてしみじみ考え、生きていることは尋常じゃない奇跡なんだと再確認しました」とコメント。

「一番変わったのは自分に優しくなった。これまでは“まだ足りない、もっと頑張らなきゃ”と思っていたのですが、今は“自分の身体頑張ってるなあ”と思っています」と思いを明かした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
加藤綾子、 美人に“見える”理由が判明!
朝比奈祐未「網タイツの巨尻」が、破壊力満点!
中絶、整形失敗、うつ病......故・大原麗子さん孤独死の真相明らかに
「デカすぎる!」桑子真帆、「ニュースウオッチ」衣装で起きた歓喜のバスト祭り
闇営業よりヤバい!田口淳之介の供述で「お笑い界の超大物」が逮捕間近!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加