恒成VS田口、年末の統一戦絶望的 田中眼窩底骨折の疑い「体が最優先」

恒成VS田口、年末の統一戦絶望的 田中眼窩底骨折の疑い「体が最優先」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/21
No image

2度目の防衛から一夜明け、会見に臨んだ田中恒成(左)

ボクシングWBO世界ライトフライ級王者の田中恒成(22)=畑中=が2度目の防衛から一夜明けた14日、大阪市内で記者会見。両まぶたを大きく腫らし「最初のジャブが左目に当たり、二重に見えるようになった」と説明した。

畑中会長によると、13日に大阪市内の病院で診断を受け、眼窩(がんか)底骨折の疑いがある。名古屋に戻り、再び精密検査を受ける予定。年末の実現を目指していたWBA同級王者・田口良一(ワタナベ)との統一戦は絶望的となった。

「体を完璧にすることが最優先。治った時に次を考えたい」と同会長。不可抗力の負傷にもかかわらず、田中は「悔しさと情けなさでいっぱい。田口選手はもとより、関係者の皆さまに申し訳なく思っています。すみませんでした」と、王者の責任感から頭を下げた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
異常な採点の生まれ方――統一世界ミドル級タイトルマッチ
ライトヘビー級統一王者ウォードが引退表明、肉体の限界感じ
井上尚弥いつかはWBCバンタム級、名王者継承憧れ
村田諒太が連日スパー、課題修正でエンダム戦へ対策
那須川天心×武尊のスーパーマッチは実現困難? 専門家が語る「対戦したら7:3で...○○が勝つ!」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加