中京大中京58年ぶり聖地初戦敗退 4番・鵜飼「出せる力は全部出せた」

中京大中京58年ぶり聖地初戦敗退 4番・鵜飼「出せる力は全部出せた」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/12
No image

9回の追い上げも届かず、初戦敗退しガックリの中京大中京ナイン

「全国高校野球選手権・1回戦、広陵10-6中京大中京」(11日、甲子園球場)

広陵(広島)が今秋ドラフト上位候補・中村奨成捕手(3年)の2本塁打などで中京大中京(愛知)に10-6と逆転勝ちを収め、夏の大会30勝目を挙げた。中京大中京の初戦敗退は1959年以来、58年ぶり。

九回の反撃も、届かなかった。中京大中京、不動の4番・鵜飼航丞内野手(3年)は「出せる力は全部出せた」という充実感と、「僕がもっといい選手なら、勝てていた」という悔いの両方を、涙で語った。

6月10日に左太ももを故障、その影響で愛知県大会は打率.190と苦しんだ。「みんなに連れてきてもらった甲子園で、恩返ししたい」と意気込み、終盤には2安打と気を吐いたが、好機での凡退も。高校通算56本塁打、プロ注目のスラッガーは「(大学で)もっとレベルを上げてプロを目指したい」と次の目標へ、前を向いた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
21日の公示 中日が岩瀬を抹消、ハムは岡、ホークスは武田、楽天は辛島を抹消
骨折のオリックス・西、中継ぎ陣の負担考え続投...ブログで心境吐露
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
東海大菅生の夏終わる...9回同点も延長11回力尽く
オリックス・西が打球を受けて交代 二回からは金田がマウンドへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加