【JNCAP2016】アクセラ、対歩行者自動ブレーキで最高得点

【JNCAP2016】アクセラ、対歩行者自動ブレーキで最高得点

  • レスポンス
  • 更新日:2016/12/01
No image

国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)は12月1日、2016年度前期自動車アセスメントの評価結果を公表した。

予防安全性能評価については、今年度より新たに「対歩行者自動ブレーキ」の評価を開始、乗用車11車種について評価を実施した。その結果、11車種すべてが予防安全性能の総合評価で最高ランク「ASV++」を獲得した。最高得点は70.5点(71点満点)を獲得したマツダ『アクセラ』。アクセラは対歩行者自動ブレーキで最高得点を記録した。

そのほか、スズキ『イグニス』、スバル『インプレッサ』『フォレスター』『レヴォーグ/WRX』『レガシィ』、トヨタ『クラウン アスリート/クラウン ロイヤル/クラウン マジェスタ』『プリウス』、レクサス『GS/GS F』『RX』、ホンダ『フリード/フリード+』が最高ランクを獲得した。

衝突安全性能評価については、スズキ『イグニス』、ダイハツ『キャスト(トヨタ/ピクシス)』、トヨタ『ヴェルファイア/アルファード』『プリウス』の4車種について評価を実施。そのうち、ヴェルファイア/アルファードとプリウスが最高評価となるファイブスター賞を獲得した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
脱ぐとき凄かった。サソリの脱皮シーンを早回しで(節足動物注意)
ユニクロ潜入記者 横田氏解雇される
Pokemon GOに追加の「第2世代ポケモン」、詳細は12月12日(米国時間)に発表へ
ドローン操れぬ自衛隊の時代遅れ度 「駆けつけ警護」に死角あり
借金10兆円超え、孫正義とみずほ銀行の「見果てぬ夢」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加