最新ランキングをチェックしよう
光を使って分子の光学異性体を選別する新技術開発 - スタンフォード大

光を使って分子の光学異性体を選別する新技術開発 - スタンフォード大

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/10/13

スタンフォード大学の研究チームは、分子の光学異性体(鏡像体)を光を使って選別する新技術を開発したと発表した。光ピンセットの技術が応用されている。研究論文は「Nature Nanotechnology」に掲載された。

左右非対称な構造の分子を鏡に映したときに得られる構造をもつ分子は、光学異性体と呼ばれている。地球上で生体のタンパク質を構成しているアミノ酸はL型(左手系)しか使われておらず、その光学

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
アルツハイマー病になったマウスの脳機能を科学者たちが回復することに成功
爆誕! スペースXの世界最強ロケット「ファルコン・ヘヴィ」 第2回 なぜロケットがユニゾン着陸し、スポーツカーは宇宙を走ったのか?
3Dプリンタでナノスケールの金属構造を作製 - Caltech
麻酔なしで乳房切り取り、死人の血飲み、タバコの煙浣腸まで! 歴史上の奇妙で恐ろしい治療法5選
肌に貼るディスプレー開発=伸縮しても断線せず-東大など
  • このエントリーをはてなブックマークに追加