ヤングなでしこ、フランスに敗れ初の決勝逃す...3位決定戦で米国と対戦

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2016/11/29

U-20女子W杯準決勝(29日、パプアニューギニア)日本はフランスに1-2で敗れ、同大会初の決勝進出を逃した。延長前半に2点を先制され、同後半にMF籾木結花(20)=日テレ・ベレーザ=のPKで1点を奪い返したが及ばなかった。

前半、主に左サイドから攻撃を展開。長谷川、籾木が何度かフランスDF陣を脅かす攻撃を見せたが得点ならず。フィジカルで勝る相手に競り負けるシーンも多く見受けられた。中盤からはフランスに押し込まれる場面が続いた。

さらに不運なアクシデントが発生。同28分、MF宮川が手を負傷し、急きょDF守屋と交代した。FW上野や長谷川が惜しいシュートを放つシーンもあったが得点できず、0-0で折り返した。

後半、日本は前からのプレスを前半より強め優位に試合を進める。しかし、再びアクシデント。前半から果敢に相手ゴールを脅かした上野が、ファウルを受け負傷。同14分FW西田が急きょピッチに入った。2枚の交代を負傷で使ってしまう不運となった。

フランスのやや荒いディフェンスに手を焼きつつも攻勢を強めた。同37分、ゴール正面でFKを得るが、籾木の左足シュートはGK正面でキャッチ。ペナルティーエリア手前までは持ち前のパスワークで攻め込むが、ラストパスがフランスの網にひっかかり続けた。結局、両チーム得点できず、前後半15分の延長へ。

延長前半はフランスが攻勢をかけたが、日本DF陣が冷静に対処。しかし同9分、右サイドからのDFロマネッリのクロスをFWマテオに頭で決められ先制を許す。さらに、2分後にはMFガスラットに決められ2点を失った。

延長後半4分、日本はPKを獲得。キッカーの籾木は正面に蹴りフランスGKチャバスに止められたかに見えたが、ボールがするりとゴールラインを越えて1点を奪い返した。その後も、同点、逆転を狙って攻め続けたがゴールを奪えず敗れた。

日本は12月3日に3位決定戦で米国と戦う。決勝のカードはフランス-北朝鮮になった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ボランチ高徳が初アシスト!!今季初勝利のHSV、高徳のキャプテン就任後は3戦無敗
乾が鮮やか今季2アシスト目を記録も...決定機逃しエイバルもダービーを落とす
“乗っている”乾、2戦連続アシストも決定機逸...エイバルはビルバオに敗れる
ペップ 元教え子セスクを無視
5試合ぶり出場の本田、FKで逆転弾起点に。ミランが昇格組下し連勝
  • このエントリーをはてなブックマークに追加