最新ランキングをチェックしよう

「アパートローン大幅減少」で、日本経済にイヤな予感が漂ってきた

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2018/02/14

3年ぶりの減少
景気動向を大きく左右する住宅建設の行方に不透明感が漂っている。
国土交通省がまとめた2017年の「新設住宅着工戸数」は96万4641戸と前年に比べて0.3%減少、3年ぶりにマイナスになった。
マイナス幅は大きくないが、2015年に1.9%増だったものが、2016年は6.4%増と大きく増えていたこともあり、2017年の数字が注目されていた。結果は、「頭打ち」感が鮮明になった。
最大の

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
しつこいNHK受信料徴収員を一発で撃退できる“魔法の一言”が流出! 民放キー局社員が激白「そそくさと帰り、その後も来ない」
ディズニー店頭のぬいぐるみにキスやハグ、購入せずSNS投稿で非難殺到 オリエンタルランド「迷惑となる行為は控えて」
これをするだけ! 飲み込みが早い人がしていること
宮迫博之、「バイキングを全否定」発言で坂上忍と遺恨に発展か!?
山本KID徳郁さん、死去
  • このエントリーをはてなブックマークに追加