最新ランキングをチェックしよう

「アパートローン大幅減少」で、日本経済にイヤな予感が漂ってきた

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2018/02/14

3年ぶりの減少
景気動向を大きく左右する住宅建設の行方に不透明感が漂っている。
国土交通省がまとめた2017年の「新設住宅着工戸数」は96万4641戸と前年に比べて0.3%減少、3年ぶりにマイナスになった。
マイナス幅は大きくないが、2015年に1.9%増だったものが、2016年は6.4%増と大きく増えていたこともあり、2017年の数字が注目されていた。結果は、「頭打ち」感が鮮明になった。
最大の

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
小樽や伊勢の観光客が激増した理由
カジノ経済効果が6兆円? 見せかけの試算に物申す
ついに動く仮想通貨の“本命”、「SBI取引所」の盤石構想
売上高4割増、好調「串カツ田中」が抱える全席禁煙化で失速の試練
戦う相手が強すぎて衰退した東京チカラめし
  • このエントリーをはてなブックマークに追加